ホーム | コラム | 樹海 | 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

 22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせた時も料金を取られた事などを、懐かしく思い出した▼ブラジルは統一医療保健システム(SUS)に参加している公立病院や保健所などを無料で利用出来る(診察、検査に投薬、手術も)し、一定範囲内の薬もただでもらえる。だが、SUSの医療機関では診察や検査の予約がなかなか取れず、救急外来ですら診察までに3~4時間かかる事はザラで、心筋梗塞など、本当に急を要する時に判断を誤れば、手遅れとなる可能性さえある。また、処方箋の有効期限が切れて取り替えてもらうにも診察を受け直さなければならず、検査結果を見てもらいたいが再診予約が取れず、検査の有効期限が切れたといった不満の声も多い▼サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は就任後、サンパウロ市の市長時代に打ち出した、利用者が少ない夜中に検査や診察を受けさせ、順番待ちの列をなくすという政策をサンパウロ州にも導入した。だが、SUSの対応は一向に良くなっていないともらす市民の声は減っていない。黄熱病が流行するかと大騒動が起きての予防接種キャンペーンの時もそうだった。季節の変わり目で体調を崩す人が増えたが故の長蛇の列を目の当たりにすると、医療保険などで保護された政治家が考える事はこんなものと斜めに見たくなる。大気汚染が悪化し、呼吸器疾患の患者が増える時期を前に、嘆息する原因が増えてしまった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長2019年6月11日 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長  4月に県連故郷巡り一行はカリフォルニア州のコルマ日本人墓地で、咸臨丸の水夫3人の墓を見学した。その際、連載記事で《咸臨丸は1860年2月10日にサンフランシスコに到着した。38日間で8573キロを渡る大航海であり、日本人最初の太平洋横断だった》と書いたが、大変な間違い […]