ホーム | コラム | 樹海 | 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

 22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせた時も料金を取られた事などを、懐かしく思い出した▼ブラジルは統一医療保健システム(SUS)に参加している公立病院や保健所などを無料で利用出来る(診察、検査に投薬、手術も)し、一定範囲内の薬もただでもらえる。だが、SUSの医療機関では診察や検査の予約がなかなか取れず、救急外来ですら診察までに3~4時間かかる事はザラで、心筋梗塞など、本当に急を要する時に判断を誤れば、手遅れとなる可能性さえある。また、処方箋の有効期限が切れて取り替えてもらうにも診察を受け直さなければならず、検査結果を見てもらいたいが再診予約が取れず、検査の有効期限が切れたといった不満の声も多い▼サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は就任後、サンパウロ市の市長時代に打ち出した、利用者が少ない夜中に検査や診察を受けさせ、順番待ちの列をなくすという政策をサンパウロ州にも導入した。だが、SUSの対応は一向に良くなっていないともらす市民の声は減っていない。黄熱病が流行するかと大騒動が起きての予防接種キャンペーンの時もそうだった。季節の変わり目で体調を崩す人が増えたが故の長蛇の列を目の当たりにすると、医療保険などで保護された政治家が考える事はこんなものと斜めに見たくなる。大気汚染が悪化し、呼吸器疾患の患者が増える時期を前に、嘆息する原因が増えてしまった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>2020年10月23日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>  アンさんの第一言語はフィリピン語だが、英語も母国語のようにコミュニケーションできる。  「ブラジルに来た時はポルトガル語ができず、仕事を見つけるのに苦労しました。なぜブラジル政府は、アジアの複数の国のように英語をコミュニケーションの手段とすることを法律で義務付けなか […]
  • 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇2020年10月22日 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇  ブラジル民間航空監督庁(Anac)の公式サイトによると、第3四半期の国内便利用者は721万8207人で、昨年同期の3050万人と比べると76%減った。  Anacによると、第3四半期で最も良かったのは9月の319万4904人で、8月の231万8308人を大幅に上回っ […]