ホーム | コラム | 樹海 | 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

 22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせた時も料金を取られた事などを、懐かしく思い出した▼ブラジルは統一医療保健システム(SUS)に参加している公立病院や保健所などを無料で利用出来る(診察、検査に投薬、手術も)し、一定範囲内の薬もただでもらえる。だが、SUSの医療機関では診察や検査の予約がなかなか取れず、救急外来ですら診察までに3~4時間かかる事はザラで、心筋梗塞など、本当に急を要する時に判断を誤れば、手遅れとなる可能性さえある。また、処方箋の有効期限が切れて取り替えてもらうにも診察を受け直さなければならず、検査結果を見てもらいたいが再診予約が取れず、検査の有効期限が切れたといった不満の声も多い▼サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は就任後、サンパウロ市の市長時代に打ち出した、利用者が少ない夜中に検査や診察を受けさせ、順番待ちの列をなくすという政策をサンパウロ州にも導入した。だが、SUSの対応は一向に良くなっていないともらす市民の声は減っていない。黄熱病が流行するかと大騒動が起きての予防接種キャンペーンの時もそうだった。季節の変わり目で体調を崩す人が増えたが故の長蛇の列を目の当たりにすると、医療保険などで保護された政治家が考える事はこんなものと斜めに見たくなる。大気汚染が悪化し、呼吸器疾患の患者が増える時期を前に、嘆息する原因が増えてしまった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 互いの思いを伝える事を大切に2019年5月23日 互いの思いを伝える事を大切に  ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]
  • チームワークの大切さ2019年5月16日 チームワークの大切さ  15日朝、自宅にエスタード紙が届かず、不配の苦情電話を入れた。最初は「配達が遅れているが7時半までに届く」というので、待っていたが届かず。もう1度電話したら、「午後2時までに届ける」という▼このやり取りで、学生時代(日本)に新聞配達をやっていた時の経験を思い出した。天候に関係 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]