ホーム | コラム | 樹海 | 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

新政策導入後も長蛇の列が続くSUS

 22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせた時も料金を取られた事などを、懐かしく思い出した▼ブラジルは統一医療保健システム(SUS)に参加している公立病院や保健所などを無料で利用出来る(診察、検査に投薬、手術も)し、一定範囲内の薬もただでもらえる。だが、SUSの医療機関では診察や検査の予約がなかなか取れず、救急外来ですら診察までに3~4時間かかる事はザラで、心筋梗塞など、本当に急を要する時に判断を誤れば、手遅れとなる可能性さえある。また、処方箋の有効期限が切れて取り替えてもらうにも診察を受け直さなければならず、検査結果を見てもらいたいが再診予約が取れず、検査の有効期限が切れたといった不満の声も多い▼サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は就任後、サンパウロ市の市長時代に打ち出した、利用者が少ない夜中に検査や診察を受けさせ、順番待ちの列をなくすという政策をサンパウロ州にも導入した。だが、SUSの対応は一向に良くなっていないともらす市民の声は減っていない。黄熱病が流行するかと大騒動が起きての予防接種キャンペーンの時もそうだった。季節の変わり目で体調を崩す人が増えたが故の長蛇の列を目の当たりにすると、医療保険などで保護された政治家が考える事はこんなものと斜めに見たくなる。大気汚染が悪化し、呼吸器疾患の患者が増える時期を前に、嘆息する原因が増えてしまった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]