ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁

《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁

 リオ州とエスピリトサント州でスポーツ射撃用途の銃の流通管理、監査を担当していたアレッシャンドレ・デ・アウメイダ陸軍中佐が23日、銃を射撃クラブに横流ししていた疑いで逮捕されたと、25日付現地紙サイトが報じた。
 同中佐の逮捕は、陸軍東方軍司令部と陸軍広報センターも確認している。
 陸軍は、一般国民から出されるスポーツ射撃用途での銃の所有許可申請を受け付け、審査している。アルメイダ中佐は、銃の取引や流通、射撃クラブの運営などを監査する他、爆発物販売管理、強化装甲車関連の監査、猟師やスポーツ射撃愛好家、銃コレクターの管理責任者でもあった。
 陸軍のサイトによると、アルメイダ中佐は昨年1月、「スポーツ射撃の選手や愛好家への並外れた支援」があったとして、ブラジル・スポーツ射撃連盟から表彰されている。
 アルメイダ中佐は、リオ州と隣接するエスピリトサント州のセーラという町にある射撃クラブのメンバーや銃の販売店に銃を横流ししていた。
 同件の捜査は昨年12月、ある退役中佐が、予備役に転入する際にアルメイダ中佐が指揮していた流通管理部門に返納した9ミリ口径のピストルがエスピリトサント州の射撃クラブに横流しされているのに気づいた事で始まった。軍関係者は射撃クラブを捜索し、陸軍名義で登録された銃5丁を押収した。
 射撃クラブの共同経営者の一人レオナルド・ロウレイロ氏は、これらの銃を3度に分けて購入したが、アウメイダ氏からは「あるコレクターの所有物だったが、重病となったため、家族が『処分したい』と軍に持ってきたものだ」と説明されていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ