ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=「農地侵入者への発砲は無罪」に=農業イベントの席で物議=農業関係者の正当防衛問題

《ブラジル》ボウソナロ大統領=「農地侵入者への発砲は無罪」に=農業イベントの席で物議=農業関係者の正当防衛問題

4月29日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

4月29日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 ボウソナロ大統領は4月29日、サンパウロ州での農業系イベントで、「敷地内に不法侵入した人に発砲しても罪に問われないようにしたい」と発言し、物議を醸した。4月30日付現地紙が報じている。
 この発言は、サンパウロ州リベイロン・プレットで行われた農業系大型イベント「アグリショウ」の開会式でのものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ