ホーム | ブラジル国内ニュース | ポルトガル=「ブラジル人学生に石を投げろ」=名門大学で外国人差別行為

ポルトガル=「ブラジル人学生に石を投げろ」=名門大学で外国人差別行為

 ポルトガルの大学で、ブラジルからの学生に対する外国人差別が行われて問題化していると、4月30日付フォーリャ紙が報じている。
 問題となっているのはリスボン大学法学部で、4月29日に、キャンパス内に石の詰められた木の箱が置かれ、「ズッカ(ブラジル人に対する侮蔑語)に投げつける場合は無料」の貼紙が添えてあった。
 同大学の学生協会が調べたところ、これは外国人差別ではなく、法学部に在籍するブラジル人学生が増えたことに対する皮肉だという。
 だが、同校に在籍するブラジル人学生数十人はこの行為を差別的行為として批難して、箱を撤去させた上、法学部の入り口で抗議運動まで行った。
 同大学の修士課程で学んでいるブラジル人判事のダニエラ・アンペ氏も、この日は研究を行わず、抗議運動に参加。「これは冗談では済まされない。暴力を煽る行為だ」と不満を示している。同じく修士課程に在学中のモイゼス・ソウザ氏によると、偏見に満ち、人種差別的な行動は、今回が初めてではなく、冗談や笑い話と言いつつ、とげのある話や表現をする人の中には教授たちも含まれているという。
 同校は、前身が13世紀から存在する同国きっての名門大学だが、近年は、修士課程で学ぶブラジル人学生の増加で、自分たちが学べなくなったと不満を持つポルトガル人学生が増えているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》モロ法相 人気急降下は夫だけにあらず=ロザンジェラ夫人に相次ぐ舌禍2019年8月31日 《ブラジル》モロ法相 人気急降下は夫だけにあらず=ロザンジェラ夫人に相次ぐ舌禍  「ヴァザ・ジャット報道」以降、ラヴァ・ジャット作戦での「汚職政治家を取り締まる正義の判事」のイメージが一転し、国民やマスコミ、政界での人気が急降下中のセルジオ・モロ法相。「判事時代に自らが検察を指揮していた」「保守系政治家の捜査や供述聴取を嫌がった」「証拠不十分と知りながら判 […]
  • 《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え2019年8月29日 《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え  ブラジル地理統計院(IBGE)は28日、ブラジル国内の総人口が2億1014万7125人に達したと発表した。  これは今年7月1日時点での推定総人口で、昨年同日の推定総人口2億850万人より0・79%増えた。2017年から2018年にかけての増加率は0・82%だった。  州 […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に2019年8月29日 サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に  リカルド・サレス環境相(44)が27日夜、ブラジリアの病院に緊急入院した。28日付現地サイトが報じている。  サレス環境相は27日の午後11時過ぎ、ブラジリアの軍病院に入院した。「気分が悪くなった」とのことで、特に目立って大きな症状があるわけではなかったというが、入院させる […]
  • 《ブラジル》インターネットの利用者増加=市街地は74%、農村部も49%が接続2019年8月29日 《ブラジル》インターネットの利用者増加=市街地は74%、農村部も49%が接続  ブラジルでのインターネットの利用増加は止まらず、18年の利用者は1億2690万人で、人口の70%に達した事が明らかになった。  TICドミシリオスの調査によると、人口に占める利用者の割合は、67%から70%となり、3%ポイント増えた。  市街地の住民の利用率は74%で、全 […]