ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も

《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も

 【既報関連】機体ローンなどの債務不履行による航空機差し押さえにより、アヴィアンカ(A)社の国内便に欠航が相次いでいることで、需要と供給のバランスが崩れ、一部の人気路線では航空券価格がほぼ2・4倍に跳ね上がる現象が発生していると、2日付現地紙が報じた。
 航空券価格比較サイト、Voopterによると、 価格上昇が最も激しかったのは、リオ(サントス・ドゥモン空港)とサルヴァドールを結ぶ区間で、昨年4月は平均574・14レアルだった運賃が、今年4月には1377・32レアルとなっている。Voopterのジュリアーナ・ヴィタル氏は、「A社騒動の影響は大きい。需給バランスをチェックして価格を決めているシステムは、この動きを敏感に感じ取った」と語る。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年6月27日 東西南北  地理統計院(IBGE)は25日、5月半ばから6月半ばまでのデータで算出した広範囲消費者物価指数(IPCA―15)は0・06%で、6月としては、マイナス0・15%だった2006年以来の低数値だったと発表した。これを受けて、各金融機関からは月末締めのIPCAは0・01%になるとの […]
  • 《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に2019年4月12日 《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に  ブラジル航空会社協会(Abear)は10日から、国内各地の空港で、国内線の乗客に機内持ち込み荷物のサイズ、重量制限に関する規則の周知活動を始めた。  ブラジルの国内線では空港カウンターで預かるスーツケースなどには全て追加料金がかかる。  無料で機内に持ち込める荷物の基準は […]
  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • 海底トンネルのおおよその位置2014年9月3日 寄稿=サントス―グアルジャー間=出来るか海底トンネル=なぜか日本勢の参加無し=駒形 秀雄  サンパウロ州海岸部サントス―グアルジャー地区には、先日カンポス大統領候補機の墜落事故で全国の注目が集りましたが、この同じ場所で8月末、大きな発表がありました。それはサントスとグルジャーを結ぶ海底トンネルの入札公告です。 サントス港は皆様おなじみ、移民船の入港地ですが、ここ […]
  • ■今週末の催し2013年8月29日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年8月29日  土曜日(31日)  池坊華道会南米支部「花展」、終日、サンパウロ市立文化センター(Rua Vergueiro, 1000)、日曜日も      ◎  日本文化祭り・盆踊り、午前10時、サルヴァドール市(Associacao […]