ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》コロナ禍=入院中の息子のために祈る父=自転車で毎日13キロ通う

《サンパウロ州》コロナ禍=入院中の息子のために祈る父=自転車で毎日13キロ通う

息子や闘病中の人々のために祈るジャイロ氏(1日付G1サイトの記事の一部)

 家族が新型コロナウイルスに感染して入院したが、面会も出来ないと気をもむ人は多い。サンパウロ州内陸部インダイアツーバ市に住むジャイロ・ジュスチノ氏(54)もその一人だ。
 27歳の息子ダニエル氏が入院するサンタイネース病院まで、ジャイロ氏は往復13・4キロの道を毎日、自転車で通っている。
 ダニエル氏は7月22日に同病院に入院。ジャイロ氏は当初、家で回復を祈ろうとしたが居ても立っても居られず、息子がいる病院まで通い始めた。
 ダニエル氏は肺の機能が低下して集中治療室に入院したが、どこの病院もコロナウイルスに感染した患者への見舞は認めていない。
 ジャイロ氏もその事は十分承知しており、雨の日も風の日も13・4キロをひた走って病院まで行くが、息子が入院している病棟の前で両手を上げ、ひたすら回復を祈った後は、自転車で帰宅するという毎日を繰り返している。

 ジャイロ氏が毎日、息子のために祈る姿は、医療関係者の目に留まり、多くの人を感動させた。看護師の一人は「全ての職員が感動した」との言葉と共に、ジャイロ氏の写真をインターネットに掲載。「信仰は治療を助ける」とも書き添えた。
 ダニエル氏の容態はかなり重く、30日以上、人工呼吸器に繋がれていた。だが、最近は回復の気配が見えた。ジャイロ氏も「彼の回復には驚いたが、信仰のおかげだと思う」と語っている。
 そんなある日、ジャイロ氏は嬉しい驚きを経験した。病院の介護スタッフがダニエル氏を窓際に座らせ、父親にその姿を見せてくれたのだ。
 ダニエル氏はビデオも録画し、「毎日、僕のために祈ってくれる人達にありがとうと伝えてくれる? 大勢の人が祈ってくれているのを知っているよ。ありがとう、父さん。愛してる」と謝辞を述べた。
 ダニエル氏がいつ退院できるかはまだわからない。でもジャイロ氏は既に、息子が退院してからも病院に通い、闘病中の人達のために祈り続ける事を決めている。(1日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]
  • ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う2020年9月24日 ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、8月2日に開催された七夕祭りで集まった短冊の「お焚き上げ」を9月12日午前にサンパウロ市の東洋会館内の庭園で行った。当日は新型コロナウイルスの感染防止のため、例年と打って変わり15人程の少人数で行われた。焚き上げ式 […]
  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]