ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》コロナ禍=入院中の息子のために祈る父=自転車で毎日13キロ通う

《サンパウロ州》コロナ禍=入院中の息子のために祈る父=自転車で毎日13キロ通う

息子や闘病中の人々のために祈るジャイロ氏(1日付G1サイトの記事の一部)

 家族が新型コロナウイルスに感染して入院したが、面会も出来ないと気をもむ人は多い。サンパウロ州内陸部インダイアツーバ市に住むジャイロ・ジュスチノ氏(54)もその一人だ。
 27歳の息子ダニエル氏が入院するサンタイネース病院まで、ジャイロ氏は往復13・4キロの道を毎日、自転車で通っている。
 ダニエル氏は7月22日に同病院に入院。ジャイロ氏は当初、家で回復を祈ろうとしたが居ても立っても居られず、息子がいる病院まで通い始めた。
 ダニエル氏は肺の機能が低下して集中治療室に入院したが、どこの病院もコロナウイルスに感染した患者への見舞は認めていない。
 ジャイロ氏もその事は十分承知しており、雨の日も風の日も13・4キロをひた走って病院まで行くが、息子が入院している病棟の前で両手を上げ、ひたすら回復を祈った後は、自転車で帰宅するという毎日を繰り返している。

 ジャイロ氏が毎日、息子のために祈る姿は、医療関係者の目に留まり、多くの人を感動させた。看護師の一人は「全ての職員が感動した」との言葉と共に、ジャイロ氏の写真をインターネットに掲載。「信仰は治療を助ける」とも書き添えた。
 ダニエル氏の容態はかなり重く、30日以上、人工呼吸器に繋がれていた。だが、最近は回復の気配が見えた。ジャイロ氏も「彼の回復には驚いたが、信仰のおかげだと思う」と語っている。
 そんなある日、ジャイロ氏は嬉しい驚きを経験した。病院の介護スタッフがダニエル氏を窓際に座らせ、父親にその姿を見せてくれたのだ。
 ダニエル氏はビデオも録画し、「毎日、僕のために祈ってくれる人達にありがとうと伝えてくれる? 大勢の人が祈ってくれているのを知っているよ。ありがとう、父さん。愛してる」と謝辞を述べた。
 ダニエル氏がいつ退院できるかはまだわからない。でもジャイロ氏は既に、息子が退院してからも病院に通い、闘病中の人達のために祈り続ける事を決めている。(1日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]