ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第125話

中島宏著『クリスト・レイ』第125話

「その両方かも知れないわね。特にこちらに来てしばらくは、その環境が日本とあまりに違い過ぎて、ちょっとしたショック状態だったわね。でも、そういうことは移民することの中に当然、含まれるものだし、これは私自身がしっかりしなければならないというふうに、自分を叱咤するようにして変えていこうとしたわ」
「つまり、努力したというわけだね」
「努力したというよりも、むしろ、本能的と言ったらいいのかしら。そういう新しい環境に対する挑戦のような気分が大きくなっていったということね。だから、意識的に努力したということともちょっと違うと思うの。
 ただね、私の場合は移民といっても、他の大勢の人たちと比べるとかなり事情が違ったから、その辺りは考慮する必要はあるでしょうね」
「というと、ごく一般の、農業移民の人たちとは違っていたということだね」
「そうね、私の場合は形の上では農業移民だし、実際に叔父と一緒にこの植民地に入って農業をやっているという点では、他の人たちと変わらないけど、でも、その他にカトリック教会の関係で、そちらの仕事も兼任することになっていたから、そういう点では、最初から安定した仕事に就いたということで、一般の農業移民の人たちとは、ちょっと事情が違っていたという意味なの」
「その代わりといってはおかしいけど、君はそれだけ早くブラジル社会と接して、ポルトガル語も覚えたし、ブラジル人とも知り合いになって、その分、ブラジルへの同化が早かったとはいえるだろうね。確かに君は、教会の一員として直接の命令で動いているわけじゃないけど、しかし教会はもともと、君を教育していこうという意図を最初から持っていたのじゃないかな。でなければ、教会の方で君をそこまで重要視することはなかったはずだよ」
「私が日本にいるときから、あのアゴスチーニョ神父に、ブラジルへ行って日本語教師をしてみないかと誘われていたから、教会としてはその頃から、そういう意図があったかもしれないわね。あなたもいうように、私はあの頃からちょっと変わったタイプの人間だったから、これならブラジルに連れて行っても大丈夫だろうと考えた可能性は十分にありそうね。そういう関係が今でも続いているということかしら」
「多分、というよりも、間違いなくそうだろうね。アヤのように、ブラジルに同化しやすいタイプの人間はそう簡単にはいないから、おそらく教会は君を手放さないと思うよ」
「だとしたら、ちょっと面倒なことになっていきそうね。だって、私はそこまであの教会の仕事のことを真剣に考えてこなかったから、ちょっと戸惑ってしまうという感じね」
「じゃあ、君は教会のことをいい加減に考えていたということになるね」
「あら、そういう言い方はないでしょう。それではまるで、教会の仕事なんてどうでもいいと私が考えているように聞こえるわ。それは、とんでもないことよ」
「あ、いや、ちょっと言い過ぎた。ごめん、君と教会とを侮辱したのだったら、この通り謝るよ。でも、真剣に考えていないとしたら、そんな印象も受けるように思うけど」
「私がいう真剣という意味は、自分のこれからの生涯を教会の為に捧げるだけの覚悟でやっているかどうかということなの。つまり、カトリック教会の活動に、自分の一生を捧げることができるのかということね。はっきりいって、今まで私はそこまでの考えは持っていなかったし、厳しくいえば、それは今でも持っていないわ。今、私がやっていることは、ボランティア的な範囲を出るものではないの。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》20年の死者14・9%増加=コロナ禍が直接・間接に影響=出生数や婚姻数は大幅に減少2021年11月20日 《ブラジル》20年の死者14・9%増加=コロナ禍が直接・間接に影響=出生数や婚姻数は大幅に減少  地理統計院(IBGE)が18日、昨年の死者は150万人を超え、増加数や増加率は1984年の統計開始後最大と発表と18、19日付伯字紙、サイトが報じた。  「市民登録」という統計での昨年の死者は151万3575人で、19年比で14・9%(19万5965人)増えた。平年 […]
  • リオ五輪体操=つり輪でアルトゥール優勝=ライバルのペトルニアスに感謝2016年4月20日 リオ五輪体操=つり輪でアルトゥール優勝=ライバルのペトルニアスに感謝  リオ五輪のテストイベントとして16~18日に開催された体操競技で、アルトゥール・ザネッチがつり輪で優勝。決勝後の記者会見では、15年の世界選手権での同種目優勝者で、21日に行われる五輪の聖火採火式後、最初にトーチをもって走るギリシャのエレフテリオス・ペトルニアスに、「彼がいた […]
  • 降りかかる伝染病や寄生虫=日本移民史に見る病との闘い=サンパウロ市在住 毛利律子2018年2月26日 降りかかる伝染病や寄生虫=日本移民史に見る病との闘い=サンパウロ市在住 毛利律子  現在発行されている多くの移民史に目を通すと、必ず記載されている項目は「病との闘い」である。100年以上前、山紫水明の穏やかな自然環境に育まれた日本人が、約2カ月近くの長い航海を経て、南米ブラジルに移民として上陸した。しかしその道のりは想像以上に過酷なものであった。  『戦前 […]
  • 集まった元NEC関係者ら2014年2月7日 掛け橋協会、初会合開く=NEC関係者が往時語る ニッケイ新聞 2014年2月7日 2013年の戦後移住60周年と、15年の修好通商航海条約120周年の記念誌作成に向け、「日伯友好掛け橋協会」(中沢宏一会長)が先月31日午後3時から、宮城県人会館で意見交換会を行った。第1弾としてNEC・ド・ブラジルの元技術者ら約30人が、 […]
  • 東西南北2004年2月19日 東西南北 2月19日(木) […]