ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ政権が教育支出を約80億レアル凍結=基礎教育課程だけで24億レアル=大統領選挙時の公約と矛盾=大学院学生にも影響か

《ブラジル》ボウソナロ政権が教育支出を約80億レアル凍結=基礎教育課程だけで24億レアル=大統領選挙時の公約と矛盾=大学院学生にも影響か

小学校の子どもたち(Arquivo Agencia Brasil)

小学校の子どもたち(Arquivo Agencia Brasil)

 大統領選時のスローガンとは異なり、ボウソナロ政権の教育支出凍結額が、幼児から高校までの基礎教育課程だけで24億レアル、全体では約80億レアルに及んでいることがわかった。4、6日付エスタード紙が報じている。

 ブラジルにとって、「教育や保健の支出が不十分」なことは、労働者党(PT)政権下の好景気の時にも指摘され、2013年の全国的なマニフェスタソンの際も充実を求める声が強かった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ