ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領が動物動画で最高裁など批判=マスコミや自身の政党まで=自分を孤独なライオンに喩え=サウジアラビアでも物議醸す

《ブラジル》ボウソナロ大統領が動物動画で最高裁など批判=マスコミや自身の政党まで=自分を孤独なライオンに喩え=サウジアラビアでも物議醸す

問題となった動画の映像(ツイッターより)

 ボウソナロ大統領は28日、自身のツイッターに物議を醸す動画を載せた。それは自身をシャングルのライオンに見立て、最高裁やマスコミ、野党、さらには自身が所属する社会自由党(PSL)までを敵扱いするという内容で、不評を受け、すぐに取り下げた。29日付フォーリャ紙が報じている。

 問題のビデオは1分25秒ほどの短いもので、アフリカあたりのジャングルの野生動物を描いたものだ。まず、ライオンに「ボウソナロ大統領」の表示が出され、その周囲に現れるハイエナなどの動物の顔の近くには、それぞれ、団体の名前やロゴがはめ込まれた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ