ホーム | 日系社会ニュース | 文協全伯俳句大会8月18日=兼題「冬季一切」募集中

文協全伯俳句大会8月18日=兼題「冬季一切」募集中

実行委員の皆さん

実行委員の皆さん

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は「第10回全伯俳句大会」を、8月18日午前9時(受付は8時)から文協1階13、14号室にて開催する。
 参加費は50レアル。席題による俳句会、昼食会等が予定されている。
 兼題の応募も受け付け中。締め切りは6月30日必着。投句料は無料。兼題は冬季一切、未発表作品で1人5句まで。送り先は「ブラジル日本文化福祉協会 Sociedade Brasileira de Cultura Japonesa e de Assistência Social(ハイク)」と明記すること。住所はRua São Joaquim, 381, Liberdade, CEP 01508-900, São Paulo, SP
 兼題応募の投句用紙は各句会及び文協にて配布しているが、原稿用紙かそれに順ずる(線を引いたマス目のある)ものであればよい。用紙には電話番号、氏名、住所、CEP、大会当日の出欠を記入、作品の漢字にはふりがなを付けること。
 「初心者の方も含め、一人でも多くの方のご参加を!」と大会関係者は呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 読者からリクエスト曲募集=新元号節目祝う「花の歌謡祭」2019年2月28日 読者からリクエスト曲募集=新元号節目祝う「花の歌謡祭」  北川朗久構成企画、藤瀬圭子の語りでつづる昭和平成ヒット歌謡集『花の歌謡祭』の第2回が8月4日午前10時から、聖市の文協大講堂で開催されるに当たり、そこで歌ってほしい曲のリクエストを本紙読者から募ることになった。ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(北川好美会長)と藤瀬圭子事 […]
  • 来週末、文協RURAL=「もったいない」テーマに2018年9月14日 来週末、文協RURAL=「もったいない」テーマに  文協農業関連交流委員会(桂川富夫委員長)が『第9回文協農業関連交流会』(文協RURAL)を21から23日までバストス市のマリオ・コバス大講堂(Av. 18 de Junho, 251 – […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]