ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》失業して初めて浪費癖を認知=お金を作るため、即売会開く

《ブラジル》失業して初めて浪費癖を認知=お金を作るため、即売会開く

即売会に出した靴などはほとんど全部売り切れた(13日付G1サイトの記事の一部)

即売会に出した靴などはほとんど全部売り切れた(13日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル中西部南・マット・グロッソ州カンポ・グランデのフェルナンダ・カストロさん(32)は今年の年頭に失職したが、有り余る靴やカバン、バッグをしまうための大きな棚を作る必要まで生じ、これまでの浪費癖に気がついた。
 さらに、家庭内で問題が生じてお金が必要となり、靴やカバン、バッグを売りに出す事にした。
 メーカー品の靴やカバンを一律50レアルで売る事にして、商品の写真を撮ると、フェイスブックに即売会を行うとアナウンス。当日は国際空港の前で別の店もある指定場所まで、自分の車で出向いた。買った時の金額よりずっと安い値段をつけた事もあり、数回使っただけの靴や新品のバッグなどはほとんど売り切れたという。
 看護士資格も持つフェルナンダさんは、靴だけで約60足を売りに出したが、即売会を開くと決めたのは、どんなにたくさんの靴やカバン、バッグ類を持っていても、実際に生活していくのに必要なものは僅かだと気がついたからだという。
 フェルナンダさんはある高齢者の介護を行っていたが、その人が転居したために失職した。「本当に浪費家だったわ。でも、失職した上にお金が必要になったから、思い切って売りに出したの。本当に必要な時は切り抜けるための方法も見つかるものね」という。
 「どんな仕事でもいいと思って職探しもしたけど、ぜんぜん見つからなかったわ。仕事がないって、大変な事よ。即売会に来た人達が、もっと別のサイズの品物はないのか、セールスの仕事はやらないのかって聞いてきたから、半分その気になったけど、商売としてやるのなら、元手がなくちゃね」と屈託なく笑った(13日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え2021年3月11日 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え  新型コロナの感染爆発と死者の増加は歯止めがかからず、10日は24時間の死者が2286人に達して新記録を更新した。この数字はこの日の世界一で、国際紙は「原爆級」などの言葉で懸念を表明。国外の専門家はブラジルで死者が減り始めるのは5~6週間先とし、保健省も1日3千人の死者 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期2021年2月13日 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「2021年1月度代表者会議」が1月28日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者役員及び青年部を含む48人が参加し、ポルトガル語を中心に開催された。当日は、「県連ふるさと巡り再延期」と「21年の日本祭り […]