ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジルの沖縄文化を支える非日系人

ブラジルの沖縄文化を支える非日系人

公演で三線を演奏するクリスチアン・プロエンサさん

公演で三線を演奏するクリスチアン・プロエンサさん

 「“まくとぅ”は日本語で誠という意味。分かるよね?」と説明し琉歌を吟じ始めたのは、南麻州カンポ・グランデ市在住のクリスチアン・プロエンサさん(27)だ。野村流古典音楽協会ブラジル支部の創立65周年記念公演に出演するために上聖。非日系人だが日本語を話し、ウチナーグチも少し分かるとか。
 14歳の時に非日系の友人に誘われ、エイサー太鼓を聴きにカンポ・グランデ沖縄県人会支部へ行き、三線の音を聴いて「この素敵な音色は?」と興味を持った。それまで日本文化との接触はなかったのだとか。
 すぐに三線教室の扉を叩いたが道は険しかった。最初の指導者、大城重信氏に「通訳する時間が無いから日本語を学んで」と言われ独学で勉強。「でも工工四(くんくんしー、楽譜)はウチナーグチだから苦労した」。四苦八苦した結果、古典を歌えるまでに成長した。
 同支部青年部長を務め、今は第二文化部長にも。若い人達の三線の指導者として活躍する。
 しかし、どんなに沖縄文化が好きでも県系人ではないため母県研修には行けない。「今回沖縄の先生方に直接習えたのは、僕にとって大事な機会」と喜ぶ。今後は彼のような非日系人がブラジルの日本文化を支える。彼らが日本で研修する制度はできないものか。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ州=週末の豪雨で4人が死亡=1日で月間降水量超す所も2020年3月3日 リオ州=週末の豪雨で4人が死亡=1日で月間降水量超す所も  2月29日から降り始めた豪雨で、リオ州では4人の死者が出たが、2日も強い雨が降る可能性があり、当局が警戒を呼びかけていると2日付現地紙、サイトが報じた。  ブラジル中西部から南東部に向かう湿った大気は、2月28日にサンパウロ州海岸部などに被害をもたらした後、リオ州に […]
  • 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む2019年12月24日 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む  ブラジル中西部の南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市で22日未明、市内にあるブラジル銀行に向かってトンネルを掘っていたグループが摘発され、警官との間で銃撃戦が展開された。  グループが目指していたのはブラジル銀行中央管理センターの金庫で、現地時間の22日午前0時3 […]
  • 首里城募金の次は会館大改修=沖縄県人会が総会で課題討議2020年2月20日 首里城募金の次は会館大改修=沖縄県人会が総会で課題討議  ブラジル沖縄県人会(AOKB)第83回定期総会とブラジル沖縄文化センター(CCOB)第48回定期総会が、16日午前10時45分からサンパウロ市リベルダーデ区の同本部会館で開かれ、支部代表や会員ら約100人が出席した。  停電の影響で急きょ会館入口フロアで始まった総会 […]
  • レジストロ=祖先想い灯ろう1500挺流す=打上げ花火、マツリダンスも=連邦文化財の認定申請に署名2019年11月8日 レジストロ=祖先想い灯ろう1500挺流す=打上げ花火、マツリダンスも=連邦文化財の認定申請に署名  レジストロ日伯文化協会(川尻イリネウ誠会長)と日蓮宗恵明寺は「第65回レジストロ灯ろう流し」を1~3日、サンパウロ州レジストロ市のベイラ・リオ広場で開催し、3日間で約3万人が来場した。リベイラ川に浮かぶ約1500挺の灯ろうに思いをはせ、打上げ花火や盆踊り、太鼓、歌手の […]
  • 県連ふるさと巡り、参加者募集=マットグロッソ・ド・スル州の日系団体を訪ねて2019年12月5日 県連ふるさと巡り、参加者募集=マットグロッソ・ド・スル州の日系団体を訪ねて  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)は来年3月20日~26日にマットグロッソ・ド・スル州の日系団体4つとパンタナール、ボニートを訪ねる「第52回移民のふるさと巡り」を実施する。  今回は日程別に3つのコースに分かれている。日系団体と交流する最初の4日間は3 […]