ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》教育予算問題続報=教育相が下院で問題発言=「今予算は前政権が決めた」=議会との対立姿勢鮮明に

《ブラジル》教育予算問題続報=教育相が下院で問題発言=「今予算は前政権が決めた」=議会との対立姿勢鮮明に

ウェイントラウビ教育相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

ウェイントラウビ教育相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 【既報関連】連邦政府が、連邦レベルの大学や教育機関の予算の凍結を発表したことへの抗議デモが15日、国内全州と連邦直轄区の250市以上で発生し、ボウソナロ政権にとっては初めての大型抗議デモとの直面となった。15、16日付現地各紙・サイトが報じている。

 15日、アブラアン・ウェイントラウビ教育相が下院本会議に召喚され、全国規模のデモの引き金ともなった教育予算削減の理由の説明を求められた。14日の下院本会議で賛成307対反対82で承認され、即刻実施となった教育相召喚は、6時間にも至り、改めて、政府と議会の関係がこじれていることを示した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ