ホーム | ブラジル国内ニュース | コパアメリカ=日本のサポーターも要注意?=アルゼンチン戦、ウルグアイ戦で警備体制厳重に

コパアメリカ=日本のサポーターも要注意?=アルゼンチン戦、ウルグアイ戦で警備体制厳重に

 サッカーの南米No.1を決めるコパアメリカが来月14日に開幕する。開催国のブラジルと並ぶ優勝候補のアルゼンチンは、6月23日にポルト・アレグレで、一次リーグ最終戦の対カタール戦に臨む。
 地元当局は6千人のアルゼンチン人が宿を予約しているとの情報を得ているが、ホテルを予約していなくても、友人宅に泊まったり、車中泊をしたりする人も含めると、試合当日はおよそ2万人のアルゼンチン人がポルト・アレグレに集結すると予想している。
 そのため、ブラジル当局は、アルゼンチンとの国境やスタジアム周辺の警備を強化する予定だ。
 地元の警備責任者は、「大量のアルゼンチン人来訪に備え、既に警備計画を練っている。また、ポルト・アレグレはウルグアイとも国境を接しており、ウルグアイの試合も開催されることから、ウルグアイ人来訪に備えた監視体制の強化も考えている」と語った。
 ポルト・アレグレでのウルグアイの試合は、6月20日に予定されている対日本戦で、関係者はこの試合にも目を光らせている。
 また、ブラジルが1次リーグA組を1位で通過した場合、準々決勝もポルト・アレグレ開催だ。
 これらの試合にはそれぞれ、1千人以上の警備員が動員される。
 また、大会期間中のポルト・アレグレの警備のため、リオ・グランデ・ド・スル州内陸部から、ポルト・アレグレに500人の治安職員が増援に駆けつける。
 ポルト・アレグレでは6月9日、コパアメリカ開幕前最後の親善試合として、ブラジル対ホンジュラスの試合が行われることになっており、警備関係者はこの試合を本番警備体制のリハーサルとする意向だ。(21日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり2019年2月12日 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり  チリで行われた、サッカーU20南米選手権の最終ラウンド第5節で、U20ブラジル代表はアルゼンチンに1対0で勝利した。しかし、最終ラウンド5試合の総合成績は1勝2分2敗の勝ち点5、6チーム中5位に終わり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出 […]
  • 《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落2019年4月2日 《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落  ペルーで開催中のサッカーU17南米選手権の1次リーグで、ブラジル代表がまさかの敗退を喫した。  今大会はまずA、Bの二つのグループに分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各グループで5チーム中3位以内に入れば、決勝リーグに進めるシステムだった。  ブラジルはB組所属だっ […]
  • サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=本命はブラジルかウルグアイか?=100年を超す伝統の大会2019年6月18日 サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=本命はブラジルかウルグアイか?=100年を超す伝統の大会  14日から、サッカーの南米一を決めるコパ・アメリカが伯国内で開催されている。今年は日本もゲスト国として参加するなど、日系社会的にも特に注目される大会だ。3年後に控えるW杯への良い景気づけにするべく伯国代表(セレソン)や日本代表の健闘を祈りたいところだが、今大会の展望を […]
  • サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=100年を超す伝統の大会=日本の浮沈は新星久保次第2019年6月18日 サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=100年を超す伝統の大会=日本の浮沈は新星久保次第 世界最古の大陸別選手権、コパ・アメリカ 【井戸】ここから少し趣向を変えて、コパ・アメリカの歴史を紹介していきます。ところでコパ・アメリカって何回目かご存知でしたか? 【沢田】いや。 【井戸】1916年に始まったコパ・アメリカは今年で46回目なんです。欧州選手権は1 […]
  • 東西南北2019年3月30日 東西南北  かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されて […]