ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》薬物常用者対策条例を裁可=社会復帰を促す施策を実施

《サンパウロ市》薬物常用者対策条例を裁可=社会復帰を促す施策を実施

 サンパウロ市長ブルーノ・コーヴァス氏は20日、薬物常用者への医療ケア、一時的住まいの提供、市の清掃職員として雇用することなどを定めた市条例を裁可したと、21日付現地各紙が報じた。
 市役所は、1人最大2年間の期限付で、清掃員や庭師、建設作業員として雇い、週20時間の労働で月給698・46レアルを、就業支援金の名目で300人に支給する。参加者は就業訓練も受けることができる。
 類似の施策はフェルナンド・ハダジ元市長時に採用されていたが、コーヴァス市長は、「以前は就労を薬物依存患者の治療手段と位置づけていたが、今回は、依存患者の社会復帰を促進する手段とみている」と語った。
 市の経済発展労働局長アリーネ・カルドーゾ氏は、「前の施策では、必ずしも働く意思のない人も組み込まれていて、仕事を与えられても来ない人も出たが、今回の施策ではやる気のある人だけが対象になる」と説明している。
 以前は、薬物依存がなおりきっていない人に職だけ与えたため、得たお金で薬物をまた買ってしまうという悪循環が起きていた。コーヴァス市政ではそれを防ぐため、依存治療もほぼ最終段階にあり、プログラムを通じて社会復帰する意思のある人だけを対象とする。
 コーヴァス市長は「薬物依存症の問題を慢性的な公共医療の問題と捉えるならば、問題は一朝一夕には解決しないことを認識し、中長期的視野に立った施策を行うことが必要」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始2019年7月12日 サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始  サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者) […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末2019年7月6日 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末  サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。  事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん( […]
  • 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火2019年7月11日 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火  サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。   3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能 […]