ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》薬物常用者対策条例を裁可=社会復帰を促す施策を実施

《サンパウロ市》薬物常用者対策条例を裁可=社会復帰を促す施策を実施

 サンパウロ市長ブルーノ・コーヴァス氏は20日、薬物常用者への医療ケア、一時的住まいの提供、市の清掃職員として雇用することなどを定めた市条例を裁可したと、21日付現地各紙が報じた。
 市役所は、1人最大2年間の期限付で、清掃員や庭師、建設作業員として雇い、週20時間の労働で月給698・46レアルを、就業支援金の名目で300人に支給する。参加者は就業訓練も受けることができる。
 類似の施策はフェルナンド・ハダジ元市長時に採用されていたが、コーヴァス市長は、「以前は就労を薬物依存患者の治療手段と位置づけていたが、今回は、依存患者の社会復帰を促進する手段とみている」と語った。
 市の経済発展労働局長アリーネ・カルドーゾ氏は、「前の施策では、必ずしも働く意思のない人も組み込まれていて、仕事を与えられても来ない人も出たが、今回の施策ではやる気のある人だけが対象になる」と説明している。
 以前は、薬物依存がなおりきっていない人に職だけ与えたため、得たお金で薬物をまた買ってしまうという悪循環が起きていた。コーヴァス市政ではそれを防ぐため、依存治療もほぼ最終段階にあり、プログラムを通じて社会復帰する意思のある人だけを対象とする。
 コーヴァス市長は「薬物依存症の問題を慢性的な公共医療の問題と捉えるならば、問題は一朝一夕には解決しないことを認識し、中長期的視野に立った施策を行うことが必要」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者数は2~3日で倍増=サンパウロ州や保健省が検査強化へ2020年3月25日 《ブラジル》コロナ禍=感染者数は2~3日で倍増=サンパウロ州や保健省が検査強化へ  【既報関連】サンパウロ州のコロナ対策班コーディネーターのダヴィ・ウイッピ氏が新型コロナウイルスに感染している事が23日に判明、同州のジョアン・ドリア知事やサンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長らも検査を受けたと同日付現地紙サイトが報じた。  ウイッピ氏が感染した可能性は23 […]
  • サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て2020年3月26日 サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て  サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。  同市の […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]