ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ミナス州》軍警が元恋人とさらに3人を殺害=本人も警察に撃たれ重傷

《ミナス州》軍警が元恋人とさらに3人を殺害=本人も警察に撃たれ重傷

 ミナス州北西部パラカトゥ市で21日夜、軍警のルジソン・ギマランエス容疑者が、別れた恋人のエロイザ・アンドラーデさんの首をナイフで刺して殺害した後、教会に行って銃を乱射。集会中の信者ら3人を殺害する事件が起こったと、21、22日付伯字各紙・サイトが報じた。
 最初の殺人が起こったのはギマランエス容疑者の母親の家で、教会はそこから数ブロックほど離れていた。警察によると、家には容疑者の母と彼の姉妹がいた。 
 教会では襲撃時、20人ほどが参加して集会が行われていた。ギマラエス容疑者は意味不明な言葉を叫び、牧師に発砲。牧師が逃げると、高齢男性の頭に発砲し、直後に女性も撃った。あたりの巡回警備を行っていた軍警が銃声を聞きつけて現場に急行すると、ギマラエス容疑者はもう1人の女性を人質にとり、その後、彼女を射殺した。
 3人目の死者が出たのを見た軍警は、犠牲者が増えるのを防ぐためにギマランエス容疑者にライフル銃を発砲。銃弾は鎖骨に当たったが、容疑者は命を取り留めた。
 軍警によると、容疑者が使ったのは36口径銃で、弾を一発しか込められないタイプだった。容疑者はさらに6発の銃弾を所持していた。
 最初に刺された女性は心肺停止状態で市立病院に運ばれたが、すぐに息を引き取った。撃たれた3人も一旦は救助されたが、全員死亡した。
 教会にいた牧師は逃走を試みた際、足を負傷し、その日は入院した。
 ミナス州警察は、「軍警の到着が遅れたら被害は拡大していただろう」としている。ギマランエス容疑者は手術後、集中治療室に入院中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により2020年3月28日 コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の自動車工場が操業停止中もしくは停止に踏み切ることを決めていると、27日付現地サイトが報じている。    全国自動車工業会(ANFAVEA)によると、国内にある65カ所の自動車、バス、トラック、農業機械の製造工場全てが操業を停止すると […]
  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調2020年3月27日 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調  【既報関連】新型コロナウイルスの感染が広がり、連邦政府の言動と知事達の採る方策の食い違いなどが物議を醸しているが、実際に感染し、苦しんだ患者達が、自らの体験を通して隔離の必要性などを訴えている。  26日付G1サイト掲載の証言者の一人は、ゴイアス州リオ・ヴェルデ在住のヴェラ […]
  • サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て2020年3月26日 サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て  サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。  同市の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も2020年3月26日 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者急増で、24、25日にはブラジル北部と南部でも死者発生と24、25日付現地紙、サイトが報じた。  24日夜発表の州保健局の集計は、感染者2271人、死者47人(保健省発表では2201人と46人)だった。  感染者最多はサンパウロ […]