ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ミナス州》軍警が元恋人とさらに3人を殺害=本人も警察に撃たれ重傷

《ミナス州》軍警が元恋人とさらに3人を殺害=本人も警察に撃たれ重傷

 ミナス州北西部パラカトゥ市で21日夜、軍警のルジソン・ギマランエス容疑者が、別れた恋人のエロイザ・アンドラーデさんの首をナイフで刺して殺害した後、教会に行って銃を乱射。集会中の信者ら3人を殺害する事件が起こったと、21、22日付伯字各紙・サイトが報じた。
 最初の殺人が起こったのはギマランエス容疑者の母親の家で、教会はそこから数ブロックほど離れていた。警察によると、家には容疑者の母と彼の姉妹がいた。 
 教会では襲撃時、20人ほどが参加して集会が行われていた。ギマラエス容疑者は意味不明な言葉を叫び、牧師に発砲。牧師が逃げると、高齢男性の頭に発砲し、直後に女性も撃った。あたりの巡回警備を行っていた軍警が銃声を聞きつけて現場に急行すると、ギマラエス容疑者はもう1人の女性を人質にとり、その後、彼女を射殺した。
 3人目の死者が出たのを見た軍警は、犠牲者が増えるのを防ぐためにギマランエス容疑者にライフル銃を発砲。銃弾は鎖骨に当たったが、容疑者は命を取り留めた。
 軍警によると、容疑者が使ったのは36口径銃で、弾を一発しか込められないタイプだった。容疑者はさらに6発の銃弾を所持していた。
 最初に刺された女性は心肺停止状態で市立病院に運ばれたが、すぐに息を引き取った。撃たれた3人も一旦は救助されたが、全員死亡した。
 教会にいた牧師は逃走を試みた際、足を負傷し、その日は入院した。
 ミナス州警察は、「軍警の到着が遅れたら被害は拡大していただろう」としている。ギマランエス容疑者は手術後、集中治療室に入院中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]
  • ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ2019年7月19日 ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ  議会休会前に下院で社会保障制度改革案の1回目の承認を果たした政府は、国内での愛国主義ムードの盛り上げと、対外的なボウソナロ政権のイメージアップを狙っていると、18日付現地紙が報じた。  大統領府社会通信局(Secom)は9月7日の独立記念日の前後を“ブラジル週間”とし、商業 […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で2019年7月17日 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で  10年に1度の国政調査を前に、経費削減のため、地理統計院(IBGE)が今回調査の質問数を26に減らした。ただし、全世帯の約1割を対象とするサンプル調査用の質問票は76の質問があり、より詳細な情報を集める事ができる。  入力端末の使い勝手や質問の要領などを体得する意味も込めた […]