ホーム | コラム | 樹海 | 互いの思いを伝える事を大切に

互いの思いを伝える事を大切に

 ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do Abraco)だった▼アブラッソは抱擁とかハグなどと訳される。携帯ソフトで送られて来たメッセージには、抱擁が平安や愛、喜び、安心感などを与える事を記した上で、「私の抱擁を受け取って」と呼びかけるものや、ハートの絵の横に「傍にいる事は叶わないけれど、心からの思いを込めて」との言葉を添えたものなども含まれている。これらのメッセージを見てつくづく思うのは、ブラジル人にとり、抱擁は本当に自然なもので、日常生活に欠かせない愛情表現の一つだという事だ▼実は、22日朝、日本の知人が交通事故を起こし、車は大破したがケガはなく、誰も巻き込まずに済んだ事、現場近くの人達が親切に世話をしてくれ、方々に連絡も入れてくれた事などを知った。抱擁の日のメッセージを受け取ったのはその直後。加えて、末の弟さんの7周忌で納骨式と記念会をやったばかりだった事などを、真ん中の弟さんのメッセージで知った。皆に好かれる仲の良い兄弟だった事などを思い出し、駆けつけて一人一人に抱擁をと思ったが、地球の反対側では慰めの言葉を贈る事しか叶わない▼今年はなぜか、知人の親や娘が亡くなったとの知らせが続く。傍にいてあげたいと思っても、大半は離れた所にいたりして、メッセージを送る位しか出来ない。仕事などで、熱を出して苦しむ家族にも寄り添えない時同様のもどかしさを覚えつつ、傍にいる事の大切さや、常日頃から相手を心にとめている事などを伝える大切さを思わされた事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル・ミナス州》 黄熱病流行は鉱滓ダム決壊事故が影響か?=生物学者が注目の推論2017年1月17日 《ブラジル・ミナス州》 黄熱病流行は鉱滓ダム決壊事故が影響か?=生物学者が注目の推論  現在、ミナス・ジェライス州で拡大中の黄熱病が、15年11月に発生したサマルコ社の鉱山廃水ダムの堤防決壊事故と関連しているのではないかとの見方が浮上している。14日付エスタード紙が報じている。  この推論を立てているのはオズワルド・クルス研究院の生物学者マルシア・シャーメ氏で […]
  • 東西南北2010年11月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年11月17日付け […]
  • 《ブラジル》9月の小売は前月比0・7%アップ=積み立て退職金早期引き出し政策の効果か2019年11月15日 《ブラジル》9月の小売は前月比0・7%アップ=積み立て退職金早期引き出し政策の効果か  ブラジル地理統計院(IBGE)は13日、9月の国内小売業の総売上が、8月比で0・7%増えたと発表した。これで、5カ月連続の前月比アップだ。ブラジル海通(ハイトン)投資銀行のエコノミストは、「ポジティブな結果。国外情勢は決して楽観できるものではないが、国内情勢に目を向ければ、経 […]
  • 中印景気でブラジルは袖に=ぜいたく病を輸出できるか2004年12月8日 中印景気でブラジルは袖に=ぜいたく病を輸出できるか 12月8日(水) […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月7日  百歳表彰者はブラジル内その他地区で、クリチバに5人、ベレン、リオに1人ずつ。ホノルル4人、サンフランシスコ2人、ペルー2人、メキシコ2人と続く。ブラジルが圧倒的に多い。福嶌総領事は、百歳表彰は主に申告制となっており、親族らが領事館に伝えるこ […]