ホーム | コラム | 樹海 | 互いの思いを伝える事を大切に

互いの思いを伝える事を大切に

 ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do Abraco)だった▼アブラッソは抱擁とかハグなどと訳される。携帯ソフトで送られて来たメッセージには、抱擁が平安や愛、喜び、安心感などを与える事を記した上で、「私の抱擁を受け取って」と呼びかけるものや、ハートの絵の横に「傍にいる事は叶わないけれど、心からの思いを込めて」との言葉を添えたものなども含まれている。これらのメッセージを見てつくづく思うのは、ブラジル人にとり、抱擁は本当に自然なもので、日常生活に欠かせない愛情表現の一つだという事だ▼実は、22日朝、日本の知人が交通事故を起こし、車は大破したがケガはなく、誰も巻き込まずに済んだ事、現場近くの人達が親切に世話をしてくれ、方々に連絡も入れてくれた事などを知った。抱擁の日のメッセージを受け取ったのはその直後。加えて、末の弟さんの7周忌で納骨式と記念会をやったばかりだった事などを、真ん中の弟さんのメッセージで知った。皆に好かれる仲の良い兄弟だった事などを思い出し、駆けつけて一人一人に抱擁をと思ったが、地球の反対側では慰めの言葉を贈る事しか叶わない▼今年はなぜか、知人の親や娘が亡くなったとの知らせが続く。傍にいてあげたいと思っても、大半は離れた所にいたりして、メッセージを送る位しか出来ない。仕事などで、熱を出して苦しむ家族にも寄り添えない時同様のもどかしさを覚えつつ、傍にいる事の大切さや、常日頃から相手を心にとめている事などを伝える大切さを思わされた事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=182014年9月23日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=18  当時この京野さんは六十歳を出た位だっただろうか。高田家で一ケ月余りお世話になった間に、京野さんが私に話しかけたことで覚えているのは 「ここいらのピオン(日雇人夫)が鍬をもって歩いている時は離れていなさいよ、用便に行く時だよ」という言葉だけだった。孤独でいるのが好きなのか、 […]
  • 東西南北2010年3月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年3月23日付け […]
  • 茨城県人会館=10人の強盗団が襲撃!=門、ドアガラスを破壊=狙いつけた計画的犯行か2011年5月17日 茨城県人会館=10人の強盗団が襲撃!=門、ドアガラスを破壊=狙いつけた計画的犯行か ニッケイ新聞 2011年5月17日付け  12日深夜過ぎ、サンパウロ市リベルダーデ区にある茨城県人会館(Rua Bueno de Andrade, […]
  • 〈ブラジル〉「軍政復帰」求め下院占拠=議会は共産主義的だと主張=燻る火種に不安募らす政府2016年11月18日 〈ブラジル〉「軍政復帰」求め下院占拠=議会は共産主義的だと主張=燻る火種に不安募らす政府  ブラジル連邦下院で16日、汚職防止法案の報告官であるオニキス・ロレンゾーニ下議(民主党・DEM)の提出した意見書を〃骨抜き〃にするべく、各政党は連携の道を探っていた。これは、汚職容疑の捜査、特にラヴァ・ジャット(LJ)作戦を弱体化させる可能性があるものだった。 […]
  • 東西南北2019年9月25日 東西南北  23日午後、サンパウロ州カンピーナスで、軍警第47部隊所属のチアゴ・デ・カルヴァーリョ・マシャド氏が、同僚の警官から頭などに約10発を撃ちこまれ、病院に運ばれる途中で死亡した。犯人の軍警は抵抗することもなく、そのまま逮捕されたが、殺害に及んだ理由はまだ説明されていない。犯人は […]