ホーム | コラム | 樹海 | 互いの思いを伝える事を大切に

互いの思いを伝える事を大切に

 ブラジルには、日本では見かけない祝日や記念日が多い(日本にもあるのに知らないだけかもしれないが)。ちなみに、5月22日は「抱擁の日」(Dia do Abraco)だった▼アブラッソは抱擁とかハグなどと訳される。携帯ソフトで送られて来たメッセージには、抱擁が平安や愛、喜び、安心感などを与える事を記した上で、「私の抱擁を受け取って」と呼びかけるものや、ハートの絵の横に「傍にいる事は叶わないけれど、心からの思いを込めて」との言葉を添えたものなども含まれている。これらのメッセージを見てつくづく思うのは、ブラジル人にとり、抱擁は本当に自然なもので、日常生活に欠かせない愛情表現の一つだという事だ▼実は、22日朝、日本の知人が交通事故を起こし、車は大破したがケガはなく、誰も巻き込まずに済んだ事、現場近くの人達が親切に世話をしてくれ、方々に連絡も入れてくれた事などを知った。抱擁の日のメッセージを受け取ったのはその直後。加えて、末の弟さんの7周忌で納骨式と記念会をやったばかりだった事などを、真ん中の弟さんのメッセージで知った。皆に好かれる仲の良い兄弟だった事などを思い出し、駆けつけて一人一人に抱擁をと思ったが、地球の反対側では慰めの言葉を贈る事しか叶わない▼今年はなぜか、知人の親や娘が亡くなったとの知らせが続く。傍にいてあげたいと思っても、大半は離れた所にいたりして、メッセージを送る位しか出来ない。仕事などで、熱を出して苦しむ家族にも寄り添えない時同様のもどかしさを覚えつつ、傍にいる事の大切さや、常日頃から相手を心にとめている事などを伝える大切さを思わされた事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時2020年3月31日 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時  先週から主だった州で知事から外出自粛要請が出され、それに連動して各市が商店閉鎖条例を出し、町から人影が消えた。  サンパウロは今週か来週には感染激増期に入るといわれる。そうなると「外出禁止令」というさらに厳しい段階に入る可能性がある。今のように各人の判断で外出を自粛 […]
  • ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?2020年3月27日 ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?  「州知事たちが出した外出自粛措置(クアレンテーナ)を、大統領がひとりでのたうちまわるような形で阻止しようとしている」。新型コロナウイルス(以下コロナ)が猛威を振るいはじめたという大変な時期に、ブラジルでは州知事と大統領が対立するという異様な事態が起きている。  もと […]
  • 現実を見ないリーダーの怖さ2020年3月26日 現実を見ないリーダーの怖さ  24日、ボウソナロ大統領が再び、知事や市長達が採用した新型コロナ対策を批判、国内外から非難の声が上がった。 […]
  • 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも2020年3月24日 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも  「今のイタリアは、3週間後のサンパウロかもしれない」――まるで世紀末に向かって黙示録のページを一枚、一枚めくるように、ブラジルのコロナ危機は毎日悪化の途を歩んでいる。冒頭に掲げた予測はあまりに悲しいが、現実にならないようにするには、今現在、相当の決断が必要だ。  ど […]