ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》同性愛者差別も人種差別の一部=現状で最高裁で過半数占める

《ブラジル》同性愛者差別も人種差別の一部=現状で最高裁で過半数占める

 23日、最高裁で人種差別に同性愛者差別を含めるか否かの審理が行われた。結審はまだだが、現時点で既に、過半数の判事が「含める」との判断を下している。24日付現地紙が報じている。
 政党シダダニア(旧・社会大衆党)とブラジルLGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者)協会(ABGLT)の訴えを受けてはじまった審理は、2月に4判事が「含める」に賛成したところで中断していたが、上院の憲政委員会(CCJ)が22日に、同性愛差別を含んだ人種差別禁止法の審議を進めたことを受けて、審理を再開した。
 2月には、報告官のセウソ・デ・メロ判事をはじめ、ルイス・ロベルト・バローゾ、エジソン・ファキン、アレッシャンドレ・デ・モラエスの4判事が賛成していたが、23日はローザ・ウェベル、ルイス・フクスの2判事がそれに続いた。これで、これまで投票した6判事全員が賛成したことになり、11人いる最高裁判事の過半数を超えた。
 同件の審理は6月5日に再開する予定で、そこで残りの5判事が投票すると見られている。
 この問題に関しては、福音派政治家の反対が強い。今回の審理再開の前には、「最高裁で審理を継続すべきか」との投票が行われ、9対2で審理継続が決まったが、ジアス・トフォリ長官は「同件は議会で扱うべき」として、マルコ・アウレーリオ・メロ判事と共に反対票を投じていた。
 ブラジルではLGBTが20分に1人、殺されたり自殺したりしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海2014年6月14日 樹海  日韓、ドイツ、南アフリカ、そして今回。ブラジルで4回目のW杯を迎えるコラム子だが、あまりサッカー自体には関心がない。ただ、開幕が近づくにつれ、市民が浮き足立つことで生まれる独特の高揚感は大好きだ。カーニバルが近づくにつれて変わってゆく雰囲気とはまた違う、国威発揚的なイメー […]
  • 歩こう友の会=比叡山ウォーク祈念碑に=細川晃央さんの名を刻む2009年7月8日 歩こう友の会=比叡山ウォーク祈念碑に=細川晃央さんの名を刻む ニッケイ新聞 2009年7月8日付け  リベルダーデ歩こう友の会初代会長を務めるなどブラジルでのウォーキング普及に尽力、今年四月二十一日に八十一歳で死去した故細川晃央さん(広島県)の功績が称えられ、その名前が比叡山延暦寺・峰道、伝教大師像横にある「ウォーク祈念碑」に刻まれ […]
  • 書道の研修留学始まる=富山・サンパウロ州文化交流の一環2006年6月1日 書道の研修留学始まる=富山・サンパウロ州文化交流の一環 2006年6月1日(木) […]
  • 玉城流扇寿会が初公演―家元2人ら16人来伯2003年9月27日 玉城流扇寿会が初公演―家元2人ら16人来伯 9月27日(土) […]
  • 東西南北2009年11月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年11月26日付け […]