ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》同性愛者差別も人種差別の一部=現状で最高裁で過半数占める

《ブラジル》同性愛者差別も人種差別の一部=現状で最高裁で過半数占める

 23日、最高裁で人種差別に同性愛者差別を含めるか否かの審理が行われた。結審はまだだが、現時点で既に、過半数の判事が「含める」との判断を下している。24日付現地紙が報じている。
 政党シダダニア(旧・社会大衆党)とブラジルLGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者)協会(ABGLT)の訴えを受けてはじまった審理は、2月に4判事が「含める」に賛成したところで中断していたが、上院の憲政委員会(CCJ)が22日に、同性愛差別を含んだ人種差別禁止法の審議を進めたことを受けて、審理を再開した。
 2月には、報告官のセウソ・デ・メロ判事をはじめ、ルイス・ロベルト・バローゾ、エジソン・ファキン、アレッシャンドレ・デ・モラエスの4判事が賛成していたが、23日はローザ・ウェベル、ルイス・フクスの2判事がそれに続いた。これで、これまで投票した6判事全員が賛成したことになり、11人いる最高裁判事の過半数を超えた。
 同件の審理は6月5日に再開する予定で、そこで残りの5判事が投票すると見られている。
 この問題に関しては、福音派政治家の反対が強い。今回の審理再開の前には、「最高裁で審理を継続すべきか」との投票が行われ、9対2で審理継続が決まったが、ジアス・トフォリ長官は「同件は議会で扱うべき」として、マルコ・アウレーリオ・メロ判事と共に反対票を投じていた。
 ブラジルではLGBTが20分に1人、殺されたり自殺したりしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え2019年7月23日 《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え  ブラジル国家法務審議会(CNJ)は、ブラジル国内の26州と首都ブラジリアがある連邦直轄区(区分上、州扱い)の内、刑務所の収容者が市民生活を送るために必要な種々の書類(文書)の管理が出来ているのは5州だけと発表した。  ブラジル最高裁長官にしてCNJ会長でもあるジアス・トフォ […]
  • ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ2019年7月19日 ブラジル連邦政府、イメージアップ戦略を立案=「ブラジルを愛して」と諸外国に呼びかけ  議会休会前に下院で社会保障制度改革案の1回目の承認を果たした政府は、国内での愛国主義ムードの盛り上げと、対外的なボウソナロ政権のイメージアップを狙っていると、18日付現地紙が報じた。  大統領府社会通信局(Secom)は9月7日の独立記念日の前後を“ブラジル週間”とし、商業 […]
  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で2019年7月17日 《ブラジル》国勢調査の質問数減少=経費削減対策の一環で  10年に1度の国政調査を前に、経費削減のため、地理統計院(IBGE)が今回調査の質問数を26に減らした。ただし、全世帯の約1割を対象とするサンプル調査用の質問票は76の質問があり、より詳細な情報を集める事ができる。  入力端末の使い勝手や質問の要領などを体得する意味も込めた […]
  • 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始2019年7月17日 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始  しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。 希望者は、専用サイトwww.naomeperturb […]