ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日の下院でCOAFがモロ法相の法務省傘下に戻らないとの投票結果が出たことは、連日、話題になっている。ボルソナロ大統領の所属政党PSLがそれを巡り、セントロンを責めていることは本面でも報じているが、セントロン側はPSL議員のこの日の態度を問題にしている。それは同党の下議、少なくとも8人が審議の最中に携帯電話の自撮行為を行ったことで、それは写真付で報じられてもいる。PSLの議員は抗議行動から転じて政治家になった人が多く、フェイスブックやインスタグラムに多数のフォロワーを持つ人も少なくないが、彼らは今や「議会レポーター」ではなく政治家。守るべきマナーがあるのでは。
     ◎
 創業100年を超えるサンパウロ市最古のアイスクリーム・パーラー「アラスカ」が20日から営業を停止し、話題となっている。南部パライゾに店舗を構えるこの店は、1910年に営業を始め、1950年代頃からサンパウロ市のアイスクリーム販売店の代表格として名を馳せている。関係者によると、「新たな顧客層に対応するためのリニューアル」が理由で、必ず再開するとのこと。レシピは同店の店員のみが知る秘伝の味。市の文化の一つとして残ってほしい。
     ◎
 今年のサッカーのコパ・アメリカに参加する日本代表23人が23日に発表された。国際的にはあまり馴染みのない名前も少なくないが、来年の東京五輪を見据えた感じの若いチームとなった。日本は今のところ、サンパウロ市、ポルト・アレグレ市、ベロ・オリゾンテ市で試合を行う。サンパウロ市では6月17日、モルンビ・スタジアムでの対チリ戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様2019年12月27日 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様  2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。  第1位は、「ボルソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数 […]
  • 東西南北2019年10月25日 東西南北  23日夜、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合、ブラジル勢同士の対決となったフラメンゴ対グレミオは、フラメンゴが怒涛の攻撃で5―0(2試合合計6―1)とし、同杯3年連続ベスト4入りの強豪グレミオを粉砕。地元マラカナンの応援団を沸かせた。この試合、前半は緊迫していたが、前 […]
  • 東西南北2019年10月23日 東西南北  昨日付で報じたチリでの反政府デモはまだ収束に向かわずに継続。22日現在の死者は15人に増えている。この状況に関し、日本滞在中のボルソナロ大統領は、「チリがこのような状況になった背景には、ピノチェト軍事政権が終わったことがある」と発言し、問題となっている。かねてから同国の独裁者 […]
  • 東西南北2019年6月14日 東西南北  このところ話題のハッキング被害を受けて、ボルソナロ大統領はワッツアップやテレグラムといったアプリを使った通話をやめることにしたという。ただでさえ、ツイッターでの問題発言が多い大統領だけに、より一層の注意が必要か。また、13日は下院で社会保障制度改革のための特別委員会があったか […]