ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日の下院でCOAFがモロ法相の法務省傘下に戻らないとの投票結果が出たことは、連日、話題になっている。ボウソナロ大統領の所属政党PSLがそれを巡り、セントロンを責めていることは本面でも報じているが、セントロン側はPSL議員のこの日の態度を問題にしている。それは同党の下議、少なくとも8人が審議の最中に携帯電話の自撮行為を行ったことで、それは写真付で報じられてもいる。PSLの議員は抗議行動から転じて政治家になった人が多く、フェイスブックやインスタグラムに多数のフォロワーを持つ人も少なくないが、彼らは今や「議会レポーター」ではなく政治家。守るべきマナーがあるのでは。
     ◎
 創業100年を超えるサンパウロ市最古のアイスクリーム・パーラー「アラスカ」が20日から営業を停止し、話題となっている。南部パライゾに店舗を構えるこの店は、1910年に営業を始め、1950年代頃からサンパウロ市のアイスクリーム販売店の代表格として名を馳せている。関係者によると、「新たな顧客層に対応するためのリニューアル」が理由で、必ず再開するとのこと。レシピは同店の店員のみが知る秘伝の味。市の文化の一つとして残ってほしい。
     ◎
 今年のサッカーのコパ・アメリカに参加する日本代表23人が23日に発表された。国際的にはあまり馴染みのない名前も少なくないが、来年の東京五輪を見据えた感じの若いチームとなった。日本は今のところ、サンパウロ市、ポルト・アレグレ市、ベロ・オリゾンテ市で試合を行う。サンパウロ市では6月17日、モルンビ・スタジアムでの対チリ戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特別企画】「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第1回>2020年8月4日 【特別企画】「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第1回>  コロナウイルスによる外出自粛の影響で、日常生活に最も弊害の出た社会集団の一つが、近年ブラジルに移住して来た世界各国からの難民と移民だ。今回は特別企画として、サンパウロの難民と移民にフォーカスを当て、パンデミックの間に引き起こされた彼らの生活問題や、難民にまつわる様々な […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席2020年2月21日 CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席  中南米の日系選手が集まって親睦を深めるスポーツ大会「CONFRA BRASIL HONDA 2020」(Confraternidade Esportiva Internacional […]