ホーム | コラム | 樹海 | なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?

なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?

モロ法相(Foto : Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)

モロ法相(Foto : Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)

 ボルソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。
 モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員による超党派の最大派閥)が野党PT議員らと結束して、もともと所属していた経済省に戻すというやり取りが繰り返されている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 《記者コラム》チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • ブレグジット/トランプ/ボルソナロに裏の繋がり?2019年3月19日 ブレグジット/トランプ/ボルソナロに裏の繋がり?  ボルソナロ大統領誕生の裏の立役者に、「ボルソナロのグル(精神的指導者)」オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ(Olavo de […]
  • 《記者コラム》逃げ出した贖罪の山羊が飼い主を神に捧げるか?2021年5月18日 《記者コラム》逃げ出した贖罪の山羊が飼い主を神に捧げるか? 黙秘しても〝まな板〟からは逃げられない  今週のコロナ禍議会調査委員会(CPI)では、18日のアラウージョ前外相もワクチン入手遅延などの外交問題が厳しく突かれそうだが、なんといってもパズエロ前保健相が証人喚問される19日(水)が山場だ。最高裁のリカルド・レヴァンド […]
  • 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間2021年5月4日 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間 CPI全体の要となる最初のマンデッタ証言  「ケンチ(熱い)な1週間」になりそうだ。4、5日には中央銀行の通貨審議会(COPOM)で再び基本金利をぐっと上げることが予想されており、下院ではいよいよ4分割された税制改革の第1段の審議や、21年度予算で大統領が拒否権を […]
  • 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?2021年4月27日 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか? 「政治的迫害の犠牲者」としてアピール  ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica. […]