ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジル日本語の最高峰

ブラジル日本語の最高峰

 先日、ブラジル世界救世教の宣教本部竣工50周年の式典に参加させてもらったが、本部にいるブラジル人幹部や専従者らの日本人顔負けな日本語に舌を巻いた。
 例えば、宮道マルコ・レゼンデ本部長。慶應義塾大学を卒業しており、言葉遣いも日本人そのものだし、日本語の資料もスラスラ読む。
 秘書のジョージア・ブランキーニョ・ラッフォさんも東京外語大学に留学経験がある。言葉はもちろん、オーリャ子との日本語でのメールのやり取りも完璧だ。
 ニコラス・ブレンドン・レモス・ビアナさんは翻訳部におり、完璧な日本語を話すのはもちろん、ビジネス日本語も難なく使いこなす。顔はどう見ても伯人だが、接する態度もどこか日本人に近いように感じる。
 その他にも日本語が堪能な信者らがズラリ。少し日本語が話せる程度でも感動するのに、ここまで日本語が浸透している団体は他に無いんじゃないか。
 当地の日本語の最高峰を見た気がする。日系人だけじゃなく、日本人の自分もうかうかしていられない。(亜)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 三重県人は宣伝下手?2019年7月13日 三重県人は宣伝下手?  先日、県連日本祭りが開催され、約19万人来場の盛況を博した。オーリャ子も会場へ出向き、出身の三重県ブースを覗いたが、昼食時で他県ブースが混み合う中、なぜか閑散としていた。  三重県ブースでは椎茸ご飯、唐揚げ、いちご大福を販売。いちご大福は三重県発祥だが、他は「郷土食」だと聞 […]
  • ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”2019年6月29日 ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”  23日に聖市パウリスタ大通り周辺で開催されたLGBTプライドパレード。オーリャ子も見物に行ったのだが、携帯電話を盗まれてしまった。人混みの中、身動きのとれないところを後ろから突き飛ばされ、体勢を崩した隙にポケットから抜き取られた模様。怪我はなかったが盗人を見失い、途方に暮れた […]
  • チリサポーターの変な応援?2019年6月22日 チリサポーターの変な応援?  17日に行われたコパ・アメリカの日本対チリ戦。オーリャ子も聖市のモルンビ・スタジアムで、圧倒的多数のチリ代表サポーターに囲まれながら日本代表を応援した。  後半30分頃、日本の敗色が濃厚となると、近くのチリサポーターが「ポケモン」コールを始めた。ポケモン(ポケットモンスター […]