ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》DEMがセントロン離脱?=親大統領デモで批判され=20年の市長選での影響恐れる

《ブラジル》DEMがセントロン離脱?=親大統領デモで批判され=20年の市長選での影響恐れる

マイア下院議長(Wilson Dias/Agencia Brasil)

マイア下院議長(Wilson Dias/Agencia Brasil)

 26日の親ボウソナロ大統領のデモを受け、民主党(DEM)が中道政党勢力のセントロンから距離を置こうとしはじめていると、30日付現地紙が報じている。
 DEMは下院で28人と、下議では10番目に多い政党に過ぎないが、ボウソナロ政権内では、オニキス・ロレンゾーニ官房長官ら、3人の閣僚を擁し、ロドリゴ・マイア下院議長、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長の両院議長を抱えるほどの影響力も持っている。だが、ボウソナロ政権との連立はせず、「独立」を保っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ