ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ダマレス・アウヴェス女性家族人権相=アルゼンチンで自国の取り組みを紹介

《ブラジル》ダマレス・アウヴェス女性家族人権相=アルゼンチンで自国の取り組みを紹介

ダマレス・アウヴェス女性人権家族相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

ダマレス・アウヴェス女性人権家族相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 ブラジルのダマレス・アウヴェス女性人権家族相は5月31日、「近年の汚職ほど、ブラジル国民に大きな被害をもたらした犯罪行為はない」と述べた。この声明は、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された南米共同市場(Mercosul)加盟国の人権問題担当閣僚会議の場で発せられた。
 ダマレス氏は、「汚職は近年のブラジルにおける人権侵害の主な原因であり、破壊兵器によって引き起こされた被害と同様の悪影響を社会に及ぼしている」とし、ブラジル政府は省庁間の壁を超えて汚職に立ち向かう委員会を創設したことも明らかにした。
 ダマレス氏はさらに、「ブラジルの憲法に沿って、民主主義と政治的安定、人権と基本的自由を尊重しつつ、メルコスールの経済発展に努める」とも発言。ボウソナロ政権として、積極的にメルコスール強化に関与していく姿勢も約束した。
 ダマレス氏は、ブラジル国内で、マリア・ダ・ペーニャ法が改正されたことについても言及した。この改正は、家庭内暴力が発生した場合に、女性やその子供に対する緊急の保護措置適用を促進するためものだ。
 ダマレス氏はさらに、 「私たちは、すべての宗教的表現は等しく保護されるべきであり、まったく宗教を持たないという選択肢もあるべきだと信じている。ブラジルは、宗教または個人に対する信念に基づく不寛容と暴力が継続的に続いていることを真剣に憂慮している」と語り、人種差別と宗教的不寛容を防止し、撲滅に努めることを確約した。
 また、子供や青年に対する暴力や性的搾取と闘うこと、自殺と自傷行為の予防キャンペーンを行うこと、青少年・児童憲章を改定し、「青年期妊娠予防週間」を定めること、保護者が同伴しない未成年者の旅行の取り締まりを厳しくすることも明言した。
 ダマレス氏は高齢者サポートにも触れ、「高齢者の権利擁護の分野として、高齢者向けの金融教育やデジタル教育などを促進するための取り組みを5カ所で始めた。今年の終わりまでに国内100の市に拡大したい」と結んだ。(5月31日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで2020年9月18日 文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は19日(土)18時から「第12回文協統合フォーラム」(パトリシア・タケハナ実行委員長)をオンラインで開催する。イベントは「日系:パンデミックへの挑戦」をテーマに文協のユーチューブとフェイスブックで配信される。  ゲストには […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]
  • ≪記者コラム≫アルゼンチンのように厳しすぎるのも逆に問題2020年8月28日 ≪記者コラム≫アルゼンチンのように厳しすぎるのも逆に問題  ブラジルの新型コロナ感染者数は300万人超で、死者は12万人近い。さすがにこれだけの数を記録してしまった後では、以前のように「経済活動を再開しろ」などという声を伯国であげるのは「今さら」な感じがあり、外出自粛規制緩和などが市や州で行われると、不安からか批判の声が上がる […]