ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長

《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長

窓口で並ぶ人々(5月30日付アゴラ紙の記事の一部)

窓口で並ぶ人々(5月30日付アゴラ紙の記事の一部)

 サンパウロ市交通局(SMT)が5月23日に無記名のビリェッテ・ウニコ(以下BU)を記名式のものと交換する期限を9月30日に延ばしたのに、BUを取り替えようとして窓口に並ぶ人が長蛇の列をなしていると5月28日付G1サイトや同30日付アゴラ紙が報じた。
 SMTが4月の官報に記載した交換期限は5月31日だったため、多くの人が、5月中に交換しなくてはと考えた結果だが、窓口に並んだ人の中には、SPTransのサイトで登録する必要がある事を知らず、1日を棒に振った人もいた。
 無記名のBUを廃止して全てを記名式(原則、写真入)にするのは、インターネットを使って不正に課金したBUを売ったり、バスなどの利用者から料金を受け取ってBUをもたせ、メーターを通したら返却させるという形で不正に利用したりするのを防ぐためだ。
 無記名のBU(最初の番号が52、59、110のもの)を交換するには、サイトで名前や身分証明書(RGやRNE)の番号、納税者番号(CPF)、郵便番号(CEP)、写真などの情報を登録し、アンケートに答えた上、30・10レアルを払う必要がある。

BU登録用の画面(Reprodução/SPTrans)

BU登録用の画面(Reprodução/SPTrans)

 登録が終ると、SPTransが指定する窓口(バスターミナルなどにある)に行き、新しいBUを受け取る。無記名BUの課金上限は43レアルだが、記名式BUは、通勤手当分の他、一般的な用途の分を350レアルまで課金できる。記名式だとは、月極めや24時間乗り放題というタイプの課金も可能だ。
 交換期限延長は、課金残高を消費できないなどの理由で、対象のBU28万枚中、5万枚しか交換されていないため。当初は5月末現在で43レアル以上残高があれば、超過分は無効化されるとされていた。古いBUの残高は新BUに自動的に移される。他方、1年間無使用のBUは自動的にキャンセルされる。
 なお、2月23日以前に課金した残高は5年間有効だが、それ以降の課金分は1年間のみ有効。料金が改定された時は、改定後180日を過ぎた時点で、新料金が徴収されるようになる。
 BUを盗まれたり紛失したりした時は、156に電話してキャンセルした後に、警察のサイトで被害届(BO)を作る。再発行を頼むには、156でBOの情報を伝え、料金7回分(30・10レ)を払う必要がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]