ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル日系協会=改元記念祝賀会に200人=「エンペラドール、ビーバ!」

ブラジル日系協会=改元記念祝賀会に200人=「エンペラドール、ビーバ!」

万歳三唱する参加者ら

万歳三唱する参加者ら

 ブラジル日系協会(京野吉男会長)は18日昼過ぎから聖市サンタナ区のサンパウロ空軍公園の施設で「改元記念祝賀会」を開催し、約200人が出席した。ブラジル日系協会は、陸軍予備役大佐の京野会長が創設し、講演会の開催やスポーツでの交流などの活動を行っている。
 会場の壁には日伯国旗、皇室の系図や写真なども飾られた。
当日は野口泰在聖総領事、ルイス・エドアルド・ラモス・バチスタ・ペレイラ陸軍大将の代理としてエバンドロ・ファビオ・ステファノ中佐、ロベルト・セバスチャン・ペテルネリ連邦下議(陸軍少将)、池崎博文リベルダーデ文化福祉協会会長、ブラジル日本会議の徳力敬三理事長、ブラジル力行会の岡崎祐三会長らも出席した。
 最初に京野会長は「紀元前660年、神武天皇から始まった皇室は、徳仁(なるひと)天皇陛下で126代目を数える」と挨拶し、新元号「令和」の意味を「美しい調和」だと説明した。

挨拶する野口総領事

挨拶する野口総領事

 続いて、野口総領事も外交官としてあった、皇太子時代からの今上天皇陛下とやり取りに関して体験を話した。最後は「コパ・アメリカにサッカー日本代表がやってくる。ぜひ決勝戦まで残って、ブラジルと対戦し、なんとか引き分けに持ち込んでほしい。皆さんも応援して」と呼びかけて会場を和やかにした。
 全員が起立して、ノーバ・バンデイランテス射撃協会の山本恒夫代表が歌詞を補作した「令和を讃える曲」が、カラオケ教師のアントニオ・カンチエリさんらの主導によって3曲が合唱された。最後に京野会長らが音頭をとって「エンペラドール(天皇陛下)、ビーバ! 徳仁(なるひと)天皇陛下、バンザ~イ!」と三唱した。
 そして同施設で作られたフェイジョアーダや日本食が提供され、参加者らは食事を楽しんだ。
 京野会長は「5月1日の改元を祝って何かしなくてはと皆で話し合っていた。来年から天長節は2月23日になる。そこでも何かしたい」とかたった。

image_print

こちらの記事もどうぞ