ホーム | Free | 北海道祭りで焼きニシン=名物料理や踊りも、9日

北海道祭りで焼きニシン=名物料理や踊りも、9日

平野副会長、上原理事

平野副会長、上原理事

 ブラジル北海道協会(大沼宣信会長)は『第24回北海道祭り』を9日午前11時から午後3時半まで、同協会館(Rua Joaquim Tavora, 605, ila Mariana)にて開催する。
 北海道の名物料理である焼きニシンや焼きイカが販売されるほか、同協会青年部YOSAKOIソーランチーム「一心」による演技披露も行われる。焼きニシン、焼きイカは、前売り券が同協会館にて30レアルで販売中。当日は35レアル。
 案内に来社した上原政信理事、平野オストン副会長は「北海道の食と芸能を楽しみにぜひ来てください」と来場を呼びかけた。問合せは、同協会(11・5084・6422)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ブラジル北海道協会は今年で道人移住100周年を迎える。8月24日には記念式典を行い、25日にはジャパン・ハウスで2メートルの巨大雪だるまの展示イベントを行う。巨大雪だるまは、同協会と親交の深い安平町から贈られてくる。安平町は2008年の日本人移民100周年の時にも当地へ巨大雪だるまを寄贈し、祝典を盛り上げた。協会と安平町の絆は、昨年の9月に発生した北海道胆振東部地震で震度6強の被害を受けた安平町に、1万8千ドルの義援金を送ったことでさらに強まった。安平町民手作りの巨大雪だるまは既に町を離れ、現在は海路輸送の途上。7月半ばにはブラジルに到着する予定だ。協会関係者は道人移住100周年が更なる関係深化に繋がると期待を膨らませている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 群馬県人会=4月に合気道教室開校2010年3月27日 群馬県人会=4月に合気道教室開校 ニッケイ新聞 2010年3月27日付け  ブラジル群馬県人会(内山住勝会長)は4月から、合気道教室を始める。毎週火曜日と金曜日の午後7時から8時半まで。元県費研修生で合気道三段の新井英二さん(二世)が教える。 […]
  • 沖縄県人会=新役員2011年3月4日 沖縄県人会=新役員 ニッケイ新聞 2011年3月4日付け  ブラジル沖縄県人会は20日に開いた定期総会で2011—12年度新役員を選出した。役職、氏名は次の通り。(敬称略) […]
  • オーリャ!2015年3月7日 オーリャ!  各県人会にとって今年の日本祭りは、経費高騰が何よりも悩みの種。解決法の一つは調理を必要としない新商品の開発か。実は今日本で「冷凍りんご」が流行中だ。カチンカチンに凍らせ、5分ぐらい自然解凍(レンジなら20秒)させて、シャーベット感覚でシャリシャリ食べる。 手間の少なさや、 […]
  • 鉄鉱石市場が動き出す2009年2月7日 鉄鉱石市場が動き出す ニッケイ新聞 2009年2月7日付け […]
  • 携帯電話利用者の権利拡大=全国で1億2100万台=期限切れの前払い料金も復活2008年2月13日 携帯電話利用者の権利拡大=全国で1億2100万台=期限切れの前払い料金も復活 ニッケイ新聞 2008年2月13日付け  緊急時の連絡用なども含め、携帯電話の利用者が増えているが、本日から利用者の権利が拡大されることが十日から十二日の伯字紙で報じられた。以下、主な変更点を挙げてみる。 […]