ホーム | コラム | 樹海 | アマゾンやアマゾン基金の行方は?

アマゾンやアマゾン基金の行方は?

 「世界環境デー」の5日を目前にした4日、ブラジル政府がノルウェーとドイツに「アマゾン基金」の規定変更に関する提案書を送付との記事が流れた。08年創設の同基金は、法定アマゾンの保護や保存が目的で、資金の大半は両国からの寄付だ▼同基金の使用目的は、アマゾンの自然破壊の予防と監視、不法伐採撲滅で、伐採後の森林の回復や再生可能な経済活動支援も対象になる。だが、政府が新たに提唱し始めたのは、環境保護区にある私有地買い上げ資金にアマゾン基金を使うという案だ。私有地買い上げは森林保護に繋がる活動の一つに見えるが、同基金に定めた用途からは外れている。だが、現環境相は、5月に行われた両国大使との会談でも大統領令による規定変更の意向を示しただけ。説明責任を十分に果たしておらず、今回の提案書送付となった▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ