ホーム | 日系社会ニュース | 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に

日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に

 在ブラジル日本国大使館の山田彰大使は今月6日にブラジリアで、ブラジルの国連難民高等弁務官事務所のジョゼ・エガス代表と「ベネズエラ難民・移民人道支援計画」の書簡の交換を行った。これにより、日本政府がベネズエラからの難民・移民が流入しているブラジルに対し、最大4億1700万円の無償資金協力を行うことを決定した。
 近年のベネズエラの経済や社会情勢の悪化により、今年2月までに約340万人のベネズエラ人が難民や移民として近隣諸国へ流出。ブラジルには9万6千人が入り、その多くが北部のロライマ州で生活している。
 同計画では、ブラジルのベネズエラ難民や移民及び受入れ地域住民に対する総合的支援を実施。基礎的保健サービスの提供や、子供への暴力・虐待・搾取から守る支援等が実施される。
 これまでにも、日本政府はベネズエラ人の難民や移民に約2億円の医療機器提供や国際機関への寄付等を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」2019年8月7日 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」  エスタード紙6日付けによれば、聖州検察局は西川パウロ聖州議(PSL、1期目)に対し、議員秘書の給与横流しに関する疑いがあると捜査を始めたと報じた。  州議の「公設秘書」は、州議会の職員であり、州が税金からその給与を支払っている。その給与の一部を、州議に還流させたのではという […]
  • ■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日2019年7月17日 ■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日  日本の「第25回参議院議員通常選挙」の在外公館投票について、聖市在住の本紙読者から「投票の通知書類が12日になって家に届いた。在外投票期間が13日までだから、間に合わない人もいたのでは。もっと早く郵送できなかったのか」と問い合わせがあった。  今回の参院選は4日に日本で公示 […]
  • ■訃報■佐々木陽明さん2019年7月19日 ■訃報■佐々木陽明さん  南米浄土宗日伯寺の前開教総監である佐々木陽明(ささきようめい)さんが、18日午前0時40分に南米浄土宗別院日伯寺で亡くなった。死因は老衰。享年83。  鳥取県出身。1957年に、南米浄土宗日伯寺を開教した長谷川良信(りょうしん)師と共に青年開教使として随行、21歳で渡伯した […]
  • 日系人一家がガス中毒死=ディズニー旅行帰り後の悲劇2019年7月16日 日系人一家がガス中毒死=ディズニー旅行帰り後の悲劇  15日付エスタード紙によれば14日(日)午後6時にサントアンドレ市のアパートで、日系人の家族4人の死体が発見された。死因は、ガス湯沸かし機から排気した一酸化炭素による中毒死。同じアパートに住んでいた犠牲者の姉妹が発見者となった。警察によれば、現場の一酸化炭素測定値は正常値の2 […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]