ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相が19日に上院委員会に=ボウソナロはなおも沈黙=11日に行動共にするも=最高裁では実刑開始問題再燃

《ブラジル》モロ法相が19日に上院委員会に=ボウソナロはなおも沈黙=11日に行動共にするも=最高裁では実刑開始問題再燃

11日のボウソナロ氏とモロ氏(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

11日のボウソナロ氏とモロ氏(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

 11日、「ジ・インターセプト・ブラジル」の暴露報道後、初めて、セルジオ・モロ法相とボウソナロ大統領が行動を共にしたが、大統領はこの件に関して公に語ることを避けた。また、モロ氏は今回の件で、19日に上院で説明を行うことが決まった他、モロ氏が連邦地裁判事時代に担当したルーラ元大統領の裁判に関連し、見直しの動きが最高裁で活発化しつつある。12日付現地紙が報じている。

 ボウソナロ大統領は11日朝、大統領府でモロ氏と会談を行った。だが、そこで何が語られたかは明らかにされていない。大統領府広報官によると、モロ氏の辞任の話などはほとんど出ていないという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ