ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》4月の小売は0・6%減=景気停滞で購買力低下か

《ブラジル》4月の小売は0・6%減=景気停滞で購買力低下か

小売販売全体への影響が大きいハイパー&スーパーマーケット(Marcelo Camargo)

小売販売全体への影響が大きいハイパー&スーパーマーケット(Marcelo Camargo)

 地理統計院(IBGE)が12日、4月の小売販売は前月比0・6%減で、4月としては、前月比1%減だった15年以来の悪い記録だったと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。
 今年に入ってからの各月の小売販売は、1月が0・6%増、2月が0・1%減、3月が0・1%増で、1~4月の累積は0・6%増。直近12カ月間では1・4%増で、ほぼ横ばいといえる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ