ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型

《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型

 今年に入って以降、風邪で亡くなった人が全国で200人を超える事態となっている。12日付現地紙が報じている、
 保健省によると、5月25日現在の風邪による死者は222人で、66・6%にあたる148人はH1N1型インフルエンザで死亡している。H1N1による死者の81・5%は、高齢者や子供、慢性疾患患者などの高リスク保持者だった。
 これは、年間で335人の死者が出た2018年を大きく上回るペースだ。昨年のH1N1型による死者は218人で、65%を占めていた。
 今年に入ってからの死者が最も多いのは、アマゾナス州とパラナ州で35人ずつ。続いて、リオ州26人、サンパウロ州16人となっている。
 サンパウロ州はインフルエンザの罹患者が最も高く、発症報告が244件あった内、16人が死亡した。ただし、昨年の同時期は462件の発症事例中、71人が死亡しているので、減少はしている。
 保健省によると、今年4月10日から5月31日に行われたインフルエンザの予防接種の実施率は、目標の90%に届かず、80%前後に止まっていたという。
 サンパウロ州保健局によると、同州での罹患者数と死者数は保健省の集計後も増えており、6月11日現在の罹患者の数は255人、死者の数も26人になっているという。
 サンパウロ州は州別人口が最も多く、イベントなどに伴う人の行き来も盛んなため、風邪にかかる人も多いという。
 なお、地域別に見た罹患者数は、南東部412人、北東部267人、北部252人、南部224人、中西部92人となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分2019年6月20日 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分  18日、フランスで開催中のサッカー女子W杯で、ブラジル代表はイタリアに1―0で勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。一方、男子代表は、自国開催のコパ・アメリカでのベネズエラ戦を、再三ゴールを取り消された末に、0―0で引き分けた。19日付現地紙が報じている。  グループCをここ […]
  • モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場2019年6月19日 モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場  ブラジル国内では9日以降、2014年のラヴァ・ジャット作戦開始以来、「ブラジルの新しいヒーロー」とまで呼ばれていた元同作戦担当判事で現法相のセルジオ・モロ氏の判事時代の実際の姿が情報リークで暴露され、大騒動となっているが、その影響が芸能界にまで及んでいる。  そのひとつが、 […]
  • 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも2019年6月20日 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも  南米の大学ランキングで、ブラジルの大学がはじめて1位の座から転落したことが明らかになった。19日付現地紙が報じている。  これは、イギリスの権威ある教育機関「タイムス・ハイヤー・エデュケーション」が毎年発表している恒例の南米大学ランキングでわかったもの。それによると、南米で […]
  • 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効2019年6月19日 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効  17日、リオ市北部のトン・ジョビン国際空港に、同日発効の大統領令9731号によってビザを免除された米国人観光客らが到着し始めたと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  マルセロ・アウヴァロ・アントニオ観光相によると、ビザ免除の対象は米国、カナダ、オーストラリア、日本の4カ […]
  • 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波2019年6月19日 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波  2016年までは人口で世界第5位だったブラジルが、パキスタンに抜かれて6位に落ちたと、18日付現地紙が報じている。  国連が17日に発表したところによると、2017年の調査の時点でのブラジルの人口は2億1100万人で、2億1700万人に到達したパキスタンに抜かれて6位に落ち […]