ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?

サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?

 サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。
 28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。擬似症患者の内、698人は疑いが晴れたが、7380人はまだ調査中だ。
 これらの数字は市内の保健機関に届けられた数に基づいているが、擬似症患者の数が最も多かったのはラッパ/ピニェイロス地区(西部)とモオッカ/アリカンドゥーヴァ地区(東部)だ。この2地区はブタンタン地区を挟んで、共に市のやや北寄り中央にある。
 また、6日までに確認された真性患者の分布を見てみると、患者数が30を超えたのは、北部のトレンベー、ジャサナン、カショエイラの3区だった。患者全体の約3分の1の36・7%は北部に集中している。
 なお、唯一の死者は東部に住んでいた42歳の男性だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に2019年9月12日 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に  サンパウロ市警は10日、人気サッカー選手、ネイマールを強姦罪に陥れようとしたモデルのナジーラ・トリンダーデ容疑者を中傷や詐欺などの容疑で告発した。  ナジーラ容疑者は6月に、「5月にパリのホテルでネイマールに強姦された」と訴えた。2人はインスタグラムで知り合い、ネイマールが […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]
  • サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結2019年9月10日 サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結  サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。  サンパウロ市では2013年から、緊 […]
  • 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで2019年9月10日 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで  ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。  再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ […]