ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済的自由の暫定令が上院通過=日曜就労案件で変更あり=あとは大統領の裁可待ち

《ブラジル》経済的自由の暫定令が上院通過=日曜就労案件で変更あり=あとは大統領の裁可待ち

MP881が承認された21日の上院本会議の様子(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 【既報関連】ブラジル連邦上院議会が21日、「経済的自由のMP」とも呼ばれる、暫定令881号(MP881/19)を賛成多数で承認したと、21、22日付現地各紙・サイトが報じている。
 MP881は、一昨年成立した改正労働法を補強するもので、議会での承認の期限が今月27日に迫っていた。上下両院で承認されたことで、ボウソナロ大統領の裁可待ちとなる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ