ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力

《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力

 ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。
 1943年にサンパウロ市で生まれ、同市ビシーガ地区で育ったロッシ氏は、63年にカスペル・リベロ大学を卒業すると、そのまま、ジャーナリズムの道に進んだ。
 同氏はフォーリャ紙、ジョルナル・ド・ブラジル紙、エスタード紙などで執筆。エスタード紙では編集長も務め、フォーリャ紙ではコラムなども執筆した。だが、国内での働きと同時に、アルゼンチンのブエノス・アイレスやスペインのマドリッドの新聞にも寄稿するようになる。
 最終的にロッシ氏は5大陸をまたにかけて記事を書くことになるが、独裁国家が民主国家に移行していった70~80年代には、アルゼンチン、ボリビア、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、スペイン、ポルトガル、南アフリカなどで民主主義について健筆をふるった。
 ロッシ氏は、国際的なジャーナリストの権威ともいわれる賞の一つ、マリア・ムーア・カボット賞などの受賞者だ。
 また、「ジャーナリズムとは何か」(1980)、「南米の軍国主義」(1990)などの著書もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点2019年6月18日 コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点  地元開催のサッカーのコパ・アメリカが14日に開幕した。サンパウロ市モルンビ・スタジアムの開幕戦でブラジル代表(セレソン)はボリビアに3―0と快勝し、白星で初戦を飾った。15日付け現地紙が報じている。  ボウソナロ大統領も観客席で応援した。セレソンは、負傷欠場したエースのネイ […]
  • 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人2019年6月15日 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人  ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその周辺の市が、13日に豪雨に見舞われ、死者や行方不明者が出る事態に陥った。  レシフェ大都市圏を見舞った雨は、12時間で半月分の降水量に達するほどの豪雨で、各地で洪水や土砂崩れ、倒木などを引き起こした。  レシフェ市近郊のカマラジベ市では […]
  • 南米=アルゼンチンとウルグアイで大停電=水力発電所がトラブルの原因か2019年6月18日 南米=アルゼンチンとウルグアイで大停電=水力発電所がトラブルの原因か  アルゼンチンとウルグアイの全土で16日、大停電が起きた。17日付現地紙が報じている。  大停電が起きたのは16日午前7時7分頃で、発端はアルゼンチン側。電力配給会社「エデスル・アルゼンチーナ」の発表によると、今回の停電は、パラグアイ国境にある両国共同経営のヤシレタ・ダムとサ […]
  • 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型2019年6月13日 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型  今年に入って以降、風邪で亡くなった人が全国で200人を超える事態となっている。12日付現地紙が報じている、  保健省によると、5月25日現在の風邪による死者は222人で、66・6%にあたる148人はH1N1型インフルエンザで死亡している。H1N1による死者の81・5%は、高 […]
  • 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?2019年6月14日 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?  今日14日はゼネストが行われる可能性が強いが、13日の時点でさん市内で予想されていることを13日付現地サイトが報じている。  今回のストは社会保障制度改革反対を訴えるもので、サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)、市内のバスを運営するSPトランスが参加を表明し、市民の足が心配 […]