ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分運行だった1~3号線の利用者は、運行区間に届くまで、大混雑の代替バスを利用しなくてはならず、大変だったとか。だが、ほぼ終日運行がとまった、2013年のサッカー、コンフェデ杯のときのゼネストに比べると、今回はだいぶ軽かったのも事実。コパ・アメリカ開催期間中も6年前のようにはならなさそうな気も。
     ◎
 セルジオ・モロ法相らを巡る漏洩情報による「ジ・インターセプト」の暴露記事に関し、現地メディアの反応が真っ二つに割れている。すっぱ抜きスクープで知られる週刊誌「ヴェージャ」は、「英雄モロ氏のイメージが崩れた」とし、かなり厳しい論調の記事を展開したが、その一方で、同誌同様に中道右派のイメージのあるエスタード紙は、「ハッキング」に焦点を当て、モロ氏を被害者として独占取材した。この問題、果たして今後どうなるか。
     ◎
 コパ・アメリカに日本代表で参加している日本のホープ、久保建英選手が14日、名門レアル・マドリッドに移籍すると報じられた。日本人選手としては快挙の報としてとらえられている。久保選手は、奇しくも12日の全国選手権を最後にサントスを退団したロドリゴと同僚となる。年齢もポジションもほぼ同じ2人の活躍に期待だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年4月10日 東西南北  4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50 […]
  • 東西南北2019年3月30日 東西南北  かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されて […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]