ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分運行だった1~3号線の利用者は、運行区間に届くまで、大混雑の代替バスを利用しなくてはならず、大変だったとか。だが、ほぼ終日運行がとまった、2013年のサッカー、コンフェデ杯のときのゼネストに比べると、今回はだいぶ軽かったのも事実。コパ・アメリカ開催期間中も6年前のようにはならなさそうな気も。
     ◎
 セルジオ・モロ法相らを巡る漏洩情報による「ジ・インターセプト」の暴露記事に関し、現地メディアの反応が真っ二つに割れている。すっぱ抜きスクープで知られる週刊誌「ヴェージャ」は、「英雄モロ氏のイメージが崩れた」とし、かなり厳しい論調の記事を展開したが、その一方で、同誌同様に中道右派のイメージのあるエスタード紙は、「ハッキング」に焦点を当て、モロ氏を被害者として独占取材した。この問題、果たして今後どうなるか。
     ◎
 コパ・アメリカに日本代表で参加している日本のホープ、久保建英選手が14日、名門レアル・マドリッドに移籍すると報じられた。日本人選手としては快挙の報としてとらえられている。久保選手は、奇しくも12日の全国選手権を最後にサントスを退団したロドリゴと同僚となる。年齢もポジションもほぼ同じ2人の活躍に期待だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボウソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボウソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]
  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役2019年7月11日 サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役  サンパウロ州海岸部プライア・グランデで8日、連警がイタリア人のニコラ・アシジ(61)、パトリック・アシジ(36)親子を、母国のマフィア、ヌドランゲタの南米調整役との容疑で逮捕したと9日付現地紙が報じた。  同親子は世界有数の麻薬密売者で、南米と欧州南部を結ぶ麻薬密売 […]