ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分運行だった1~3号線の利用者は、運行区間に届くまで、大混雑の代替バスを利用しなくてはならず、大変だったとか。だが、ほぼ終日運行がとまった、2013年のサッカー、コンフェデ杯のときのゼネストに比べると、今回はだいぶ軽かったのも事実。コパ・アメリカ開催期間中も6年前のようにはならなさそうな気も。
     ◎
 セルジオ・モロ法相らを巡る漏洩情報による「ジ・インターセプト」の暴露記事に関し、現地メディアの反応が真っ二つに割れている。すっぱ抜きスクープで知られる週刊誌「ヴェージャ」は、「英雄モロ氏のイメージが崩れた」とし、かなり厳しい論調の記事を展開したが、その一方で、同誌同様に中道右派のイメージのあるエスタード紙は、「ハッキング」に焦点を当て、モロ氏を被害者として独占取材した。この問題、果たして今後どうなるか。
     ◎
 コパ・アメリカに日本代表で参加している日本のホープ、久保建英選手が14日、名門レアル・マドリッドに移籍すると報じられた。日本人選手としては快挙の報としてとらえられている。久保選手は、奇しくも12日の全国選手権を最後にサントスを退団したロドリゴと同僚となる。年齢もポジションもほぼ同じ2人の活躍に期待だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボルソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]
  • 東西南北2016年9月23日 東西南北  22日早朝のギド・マンテガ元財相逮捕は、ブラジルを震撼とさせた。ただし午後になり、パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事は、マンテガ氏の妻が病院で手術を受けていることを考慮し、保釈した。さすがに手術後に夫が側にいないのでは、人道的でないとの見方があっても無理はない。ただし、これ […]