ホーム | ブラジル国内ニュース | 下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑

下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑

フロルデリス下議とソウザ氏(16日付G1サイトの記事の一部)

フロルデリス下議とソウザ氏(16日付G1サイトの記事の一部)

 リオ市警が18日、16日未明にニテロイ市で起きたアンデルソン・ド・カルモ・デ・ソウザ氏殺害事件に関連し、ソウザ氏の実子のフラヴィオ・ドス・サントス・ロドリゲス容疑者(38)と養子のルーカス・ドス・サントス容疑者(18)の携帯電話の情報へのアクセス許可を要請した。
 この事件は、フロルデリス連邦下議の夫で牧師のソウザ氏が、帰宅直後に忘れ物をしたといって車庫に戻るのを待つように銃声が響き、家族の手で病院に運ばれたが死亡したというものだ。
 フロルデリス下議は事件後、帰宅するまでの道中でバイク2台が追跡しているかに感じた事などを告げ、「強盗殺人に違いない」と語ったが、警察は何らかの事情で消されたと推測。
 フラヴィオ、ルーカスの2人の逮捕は、17日に行われた。フラヴィオ容疑者は、葬儀の最中に逮捕され、ルーカス容疑者は、自宅にいるところを逮捕された。フラヴィオ容疑者は家庭内暴力で逮捕令状が出ていた。また、ルーカス容疑者は未成年時の麻薬密売で身柄を拘束された事がある。
 フロルデリス下議とソウザ氏は、実子4人と養子51人の計55人の子供がおり、息子2人が逮捕されたと聞かされたフロルデリス下議は、「うちの息子たちに限って。証拠もなく、バカな事を言わないで」と一笑にふしたという。
 警察によると、犯人は覆面を使用し、犯行前に飼い犬に薬物を飲ませて眠らせていたという。また、犯行後、何もとらずに逃げた事などもわかっている。
 ソウザ氏は当初、少なくとも15発を浴びたと報じられていたが、検死の結果、計30発を浴びていた事が明らかになった。内9発は股間から太ももに集中しており、胸部にも8発が浴びせられていた。
 警察はまだ捜査の最中としつつ、ソウザ氏が愛人を作り、婚外交渉をしている事を知った息子達が、母親を守りたい、または父親に復讐をと考えて起こした犯行との見方をしているようだ。
 18日は、市警が電話の通信記録にアクセスする許可を求めた他、リオ州検索局が捜査に参加する事も明らかにされた。
(16、17、18日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]