ホーム | 日系社会ニュース | 移民の日=サンゴンサロで慰霊ミサ=「生きるために出発した日」

移民の日=サンゴンサロで慰霊ミサ=「生きるために出発した日」

ミサの出席者らが聖体を拝領する様子

ミサの出席者らが聖体を拝領する様子

 今年もブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)主催の先駆者慰霊ミサが午前8時から、サンパウロ市のサンゴンサロ教会で行われ、約80人が出席し、先人たちへの感謝と哀悼の意を捧げた。
 ミサは、主司式司祭の松尾繁詞(しげし)神父(86、長崎県)によって粛々と進行。聖書の一節の紹介や、「あわれみの賛歌」「アレルヤ唱」等の聖歌を一斉唱和した。
 松尾神父は、日本人がブラジルに降り立った「移民の日」を大切にする理由を「日本人が生きるために、自由と豊かな人生を求めて出発した日だからです」と説明。

松本ヨランダさんと友人

松本ヨランダさんと友人

 近年感動した話として、日本の農学専門家・遠山正瑛(せいえい)氏が1991年に中国のクブチ砂漠で緑化事業を行った実話を紹介。当初は地元民に冷遇されながらも緑を蘇らせた。「彼は慈悲深い父のように、人々が幸せになることだけを望んでこれを成し遂げた。移民がこの国に溶け合い、国のために生きれば同じ事ができる」と説いた。
 各日系団体代表者らが共同祈願で登壇し、参列者らが聖体拝領を受けた。閉祭の歌「ありがとう」を合唱し、ミサを締めくくった。
 同教会のミサにいつも参加しているという松本ヨランダさん(75、二世)は「いつも時間が合わなくて、移民の日のミサには初めて来た。歌の練習から参加したのよ」と微笑む。今回参加した理由を「年齢を重ねると親のことを思い出す。父は生きていたらちょうど111歳。だから父のことを考えた」とし、参加した感想は「自分は日本人だな、と思った。先人の方々のお陰で自分たちはここにいられる」と語り、手を合わせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 私立校授業料インフレ以上の値上げ2009年11月6日 私立校授業料インフレ以上の値上げ ニッケイ新聞 2009年11月6日付け […]
  • 日本の若者ブラジルで将来を模索(1)=井出勝太郎さん(24)=家庭環境があと押し=サッカー・コーチ修業中2004年3月24日 日本の若者ブラジルで将来を模索(1)=井出勝太郎さん(24)=家庭環境があと押し=サッカー・コーチ修業中 3月24日(水) […]
  • 東西南北2018年6月9日 東西南北  軍が治安に介入して以降も動乱が収まらないリオ市で、7日未明に悲劇が起こった。軍警のドウグラス・フォンテスさんさん(35)が、車で恋人を家まで送る途中、車を狙った5人組の強盗に囲まれ、軍警だとわかったために殺されたのだ。さらに、知らせを受け、別れた夫と共に法医学研究所に出向いた […]
  • 大耳小耳2013年7月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月16日  長野上伊那郡箕輪町松島のブラジル人学校、長野日伯学園で14日、「いなかまつりブラジル」が開かれた。「伊那myウェブニュース」が報じた。故郷の文化を忘れないため、毎年この時期に開かれるとか。時期的にはフェスタ・ジュニーナのようだが、生徒が披露 […]
  • 東西南北2015年8月5日 東西南北  3日、サンパウロ州南東部アヴァレー市のスーパーマーケット「ピニェイロン」で爆破が起き、8人が負傷する事故が起きた。爆発は同スーパー内のパダリア部分で起こり、その衝撃で、棚や台が崩れ落ち、窓ガラスが散乱した。事故が起こったときはまだ店内に人も多く、5人がガラスなどの飛び散っ […]