ホーム | ブラジル国内ニュース | チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も

チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も

 ブラジル政府は、2002年に逮捕され、現在服役中のチリ人の誘拐犯マウリシオ・ヘルナンデス・ノラムブエナ受刑囚を、チリ政府との間での合意により強制送還することに決めたと、20日付現地紙が報じている。
 ノラムブエナ氏は2001年に実業家のワシントン・オリヴェット氏を誘拐した、南米拠点の国際的犯罪グループに参加し、2002年にブラジルで逮捕された。
 同氏は30年の実刑判決を受け、連邦刑務所での収監が続いていたが、刑期が16年を迎えたことで、今年4月にサンパウロ州アヴァレーの一般刑務所に移された。17日には、強制送還の前準備としてサンパウロ市の連邦警察に身柄を引き渡されていた。
 ブラジル側はチリ側とノラムブエナ氏の強制送還に関する話し合いを行ったが、ブラジルの提案する「死刑や終身刑には処さない」との条件をチリが飲んだことで、送還することに決めた。
 ノラムブエナ氏は1991年、同国の元独裁者ピノチェト氏に近かった上院議員のハイメ・グスマン氏をテロで殺害。同国大型紙「エル・メルクリオ」の御曹司クリスチアン・エドワーズ氏の誘拐にも加わったとされ、同国ではこれらの犯罪で「死刑もしくは終身刑」が予想されていた。
 だが、ブラジルには死刑ならびに終身刑が存在しないことから、この合意が必要となった。
 ノラムブエナ氏の弁護人はこの決定に不服を示し、最高裁に上告を行う予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 東西南北2019年2月26日 東西南北  23日からサンパウロ市でカーニバルのブロッコによるパレードがはじまり、いよいよカーニバルの季節到来となってきている。開催場所は各地でまちまちだが、23日の南部イビラプエラで行われたものにはベテラン歌手のアルセウ・ヴァレンサ、24日に北部アニェンビで行われたものには、ここ最近の […]
  • 祖国脱出―ベネズエラ人の心中は=国境の町ククタの悲しい現実=国民30人に一人以上が逃げ出す2018年6月19日 祖国脱出―ベネズエラ人の心中は=国境の町ククタの悲しい現実=国民30人に一人以上が逃げ出す  ブラジルでベネズエラ人移民が急増し始めたのは2016年。ベネズエラ人が陸路で入国するロライマ州では、同国人が1日に数百人単位で入っており、州政府がベネズエラとの国境封鎖を求めた。これは欧州諸国がシリア難民受け入れを拒むのと通じる動きだ。エスタード紙6月3日付、フォーリ […]
  • 《ブラジル》黄熱病=サンパウロ市カルモ公園も閉鎖へ=全国の死者は164人に2018年2月23日 《ブラジル》黄熱病=サンパウロ市カルモ公園も閉鎖へ=全国の死者は164人に  【既報関連】黄熱病の域内感染者やそれに伴う死者も出ているサンパウロ市でまた、サルの死体から黄熱病ウイルスが検出され、同市東部のカルモ公園が閉鎖されたと22日付現地紙が報じた。  サンパウロ市保健局では、サルの死体が発見されたカルモ公園を22日から閉鎖すると共に、リネアル・リ […]
  • セレソンに声のかからぬ好選手たち=今季のリーグ戦では活躍も2016年11月9日 セレソンに声のかからぬ好選手たち=今季のリーグ戦では活躍も  サッカーのW杯南米予選では今年最後の試合となる2戦が、10日と15日に行われる。現在4連勝中と好調のセレソンだが、チッチ新監督の就任後も召集を受けていない選手の中にも、声がかからないことを惜しまれるほどの活躍をしている選手が多いので、その一部をここで紹介しよう。 […]