ホーム | ブラジル国内ニュース | チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も

チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も

 ブラジル政府は、2002年に逮捕され、現在服役中のチリ人の誘拐犯マウリシオ・ヘルナンデス・ノラムブエナ受刑囚を、チリ政府との間での合意により強制送還することに決めたと、20日付現地紙が報じている。
 ノラムブエナ氏は2001年に実業家のワシントン・オリヴェット氏を誘拐した、南米拠点の国際的犯罪グループに参加し、2002年にブラジルで逮捕された。
 同氏は30年の実刑判決を受け、連邦刑務所での収監が続いていたが、刑期が16年を迎えたことで、今年4月にサンパウロ州アヴァレーの一般刑務所に移された。17日には、強制送還の前準備としてサンパウロ市の連邦警察に身柄を引き渡されていた。
 ブラジル側はチリ側とノラムブエナ氏の強制送還に関する話し合いを行ったが、ブラジルの提案する「死刑や終身刑には処さない」との条件をチリが飲んだことで、送還することに決めた。
 ノラムブエナ氏は1991年、同国の元独裁者ピノチェト氏に近かった上院議員のハイメ・グスマン氏をテロで殺害。同国大型紙「エル・メルクリオ」の御曹司クリスチアン・エドワーズ氏の誘拐にも加わったとされ、同国ではこれらの犯罪で「死刑もしくは終身刑」が予想されていた。
 だが、ブラジルには死刑ならびに終身刑が存在しないことから、この合意が必要となった。
 ノラムブエナ氏の弁護人はこの決定に不服を示し、最高裁に上告を行う予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人2020年4月28日 コロナ検査少ないブラジル=1千人あたり僅か0・63人  英国のオックスフォード大学が作成したデータに基づいてBBCニュースブラジルが行った国際比較によると、ブラジルは新型コロナウイルス感染検査が少ない国の一つであることが分かった。  ブラジル保健省によると、ブラジル国内の公共医療機関では、4月20日までに13万2467件の新型コ […]
  • 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国2020年4月29日 国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国  【既報関連】新型コロナウイルスの世界的大流行で、今でも世界74カ国に約3800人のブラジル人が取り残されていると、28日付のブラジルのニュースサイトが報じた。  ブラジル外務省による、「74カ国3800人」の発表は27日に行われた。新型コロナウイルスが世界中で蔓延し始めて以 […]
  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]