ホーム | 日系社会ニュース | 移民111周年=慰霊碑前で先没者を偲ぶ=「今後も継続すべき行事」

移民111周年=慰霊碑前で先没者を偲ぶ=「今後も継続すべき行事」

焼香する参列者ら

焼香する参列者ら

 18日午前10時半、イビラプエラ公園内の開拓先没者慰霊碑前で、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)とブラジル仏教連合会(梶原マリオ俊栄(しゅんえい)会長)共催の『日本移民開拓先没者慰霊祭』が執り行われ、昨年とほぼ同じ約100人が参加した。
 この法要のときは、各県人会が持参した過去帳を慰霊碑前に安置する。県連の伊東信比古事務局長によれば、「日本の学校法人大乗淑徳学園の長谷川仏教文化研究所から各県人会に贈られたもの」。今年は参列した31都道府県人会の過去帳が納められた。
 法要は、西本願寺の梶原総長等の導師らにより執り行われた。野口泰在聖総領事、JICAブラジル事務所の佐藤洋史所長、県連の山田会長、県連の関係者らや各日系団体の代表者などが出席し、粛々と進行した。

開拓先没者慰霊碑と各県人会の過去帳

開拓先没者慰霊碑と各県人会の過去帳

 追悼の辞で山田会長は「ブラジルは新政権、日本は平成から令和時代へと新たな歩みを始めた。私たちも111年から、先人の思いを引き継ぎつつ今まで以上に活躍していく」と語った。
 参列者の焼香後、梶原導師は、日系三世である自らの立場から「祖父母がブラジルに移住しなければ、自分はここにいなかった。どれだけの苦労だったか、感謝するしかない」と述べた。
 島根県人会の会長代理で参加していた理事の池田好夫さん(80、島根県)は「法要は、先人に感謝する良い機会。今後も継続すべき行事」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 日野さんオンライン講演=移民について考える会2020年6月13日 日野さんオンライン講演=移民について考える会  ブラジル移民について考えよう会が主催する「移民に日について考えよう会」が、18日(木)9時よりオンラインアプリZOOMにて行なわれる。ブラジル日本語センターが協賛。  主に日本語教育関係者や日本語学習者が対象。当日は、ブラジル日本語センター教育副理事長を務める日野寛 […]