ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》インターセプトがフォーリャ紙と共同で報道開始=ルーラの審理予定日直前に=MBLは「間抜け」とモロ=30日の大規模デモ直前に

《ブラジル》インターセプトがフォーリャ紙と共同で報道開始=ルーラの審理予定日直前に=MBLは「間抜け」とモロ=30日の大規模デモ直前に

モロ法相(Lula Marques)

モロ法相(Lula Marques)

 23日、フォーリャ紙がセルジオ・モロ法相とラヴァ・ジャット作戦(LJ)主任のデウタン・ダラグノル捜査官に関する新たな漏洩情報を流した。それは、当時LJ判事だったモロ氏が、ルーラ元大統領とジウマ大統領(当時)の盗聴漏洩で最高裁から問題視された2016年3月に、別件で連邦検察がモロ氏を擁護する約束をしたことなどを報じたものだ。また、モロ氏が、同氏の熱心な支持団体として知られる「ブラジル自由運動(MBL)」を「間抜け」と呼び、大きな問題にもなっている。

 「ジ・インターセプト・ブラジル」は独立メディア故に、大手メディアはこれまで、漏洩情報の掲載に消極的だった。だが、今回の報道は同サイトがフォーリャ紙と協力して報じる第1弾として大いに注目された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ