ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ氏が「21年のF1はリオで」=サンパウロ市には寝耳に水の展開

《ブラジル》ボウソナロ氏が「21年のF1はリオで」=サンパウロ市には寝耳に水の展開

プラナウト宮での記者会見で(左から、リオ州知事、大統領、キャリー会長、フラヴィオ上議、Carolina Antunes/PR)

プラナウト宮での記者会見で(左から、リオ州知事、大統領、キャリー会長、フラヴィオ上議、Carolina Antunes/PR)

 ボウソナロ大統領は24日午後の記者会見で、2021年以降のF1は「99%リオで行われる」と宣言した。これは、現在F1を開催しているインテルラゴス・サーキットを営み、21年以降も継続開催を望むサンパウロ市には寝耳に水の話だった。25日付現地紙が報じている。
 24日、ボウソナロ大統領はプラナウト宮にリオ州のウィルソン・ヴィッツェル知事、大統領長男のフラヴィオ上議、そしてF1を主催する「フォーミュラー・ワン」の会長チェイス・キャリー氏を招き、会見を行った。
 「インテルラゴス・サーキットのF1主催の契約は2020年で切れる。そうすればF1はリオに帰ってくる」と発言し、さらに「そうでなければブラジルはF1を失ってしまうぞ」とも語った。
 だが、キャリー会長はこの発言後も、大統領との会話は個人的なものであることと21年以降もブラジルでF1を開催する意向であることを明らかにしたのみで、開催地変更には言及しなかった。
 サンパウロ州政府では、24日の朝早くにジョアン・ドリア知事の側近がワッツアップを通じて緊急会議を招集し、ドリア知事も12時に同日に予定してあった予定2件を急きょキャンセルした。ドリア氏は25日にキャリー会長と会談の時をもった。
 今月はじめには、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長がキャリー会長を同市に招き、21年以降の契約延長について、市側の思いや、これまでも経験も重ねてきたことなどを訴えていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 22年、次期大統領選は開始された!=ポルト・アレグレ在住 杉村士朗2019年8月1日 22年、次期大統領選は開始された!=ポルト・アレグレ在住 杉村士朗  7月3日付週刊誌「ヴェージャ」は、「2022年はすでに始まった」と題する、同誌記者による解説を掲載した。「ボルソナロは就任6カ月後、高い失業率と停滞する経済のなか時期尚早(かつ無謀な)再選運動に身を投ずる」との副題がついている。  ボルソナロは「ブラジルを略奪したP […]
  • 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会2019年8月28日 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会  齋藤真里奈さん(22、静岡県)が大阪・サンパウロ姉妹都市協会による研修制度で20日に来伯、23日に来社した。先週行われた姉妹都市50周年記念行事にも出席、研修しながら9月2日まで滞在の予定。  齋藤さんは大阪大学外国語学部ポ語専攻3年で、今年2月に行われた同会主催「 […]
  • アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件2019年8月27日 アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件  【既報関連】24~26日にフランスで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれ、議長国フランスのマクロン大統領が、アマゾンの森林火災に対処し、その後の再植林を支援する意向を表明し、2千万ユーロ(9100万レアル)の拠出を約束したと25~26日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。 […]
  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状2019年8月23日 サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状  連邦警察と検察庁、国庫庁、国税庁が22日、サンパウロ州サントス港での汚職摘発の「トリトン作戦」第2弾を敢行し、元下議ら19人を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  「トリトン作戦」第1弾は18年10月に実施され、サンパウロ州埠頭公社(Codesp)の総裁、理事2 […]