ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁がルーラへの人身保護令拒否=4度目の試みも実現叶わず=モロ氏に関する審理は8月

《ブラジル》最高裁がルーラへの人身保護令拒否=4度目の試みも実現叶わず=モロ氏に関する審理は8月

第2小法廷の判事らにルーラ氏の件を審理するよう求めるザニン弁護士(中央 - Roberto Stuckert Filho)

第2小法廷の判事らにルーラ氏の件を審理するよう求めるザニン弁護士(中央 – Roberto Stuckert Filho)

 最高裁第2小法廷が25日、ルーラ元大統領弁護団が出していた人身保護令適用に関する案件2件を審理し、当面は保護令適用を拒否する判決を下したと26日付現地紙が報じた。
 ルーラ氏への人身保護令適用に関する審理は昨年12月に始まったが、見直し請求により中断していた。見直しを求めたジウマル・メンデス判事が再開を認めたため、25日に審理を行う予定だったが、24日に同判事が延期を求め、25日の再開は見送られた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ