ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁がモロ敗北判断下す=ルーラ裁判からパロッシ証言除外=大統領選時の疑惑を酷評

《ブラジル》最高裁がモロ敗北判断下す=ルーラ裁判からパロッシ証言除外=大統領選時の疑惑を酷評

セルジオ・モロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 最高裁の第2小法廷は4日、ルーラ元大統領関連のラヴァ・ジャット作戦裁判に関して、元財相、官房長官のアントニオ・パロッシ被告の報奨付証言(司法取引、以下デラソン)を不十分なものとして除外する判決を下した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ