ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も

《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も

 エジソン・ファキン最高裁判事は7日、トルコでのクーデーター計画に関わっていたとの疑いで4月6日から拘留されていた、帰化トルコ人のアリ・シパヒ氏(レストラン経営者)の予備拘留処分を解いたと、8日付ブラジル各紙が報じた。
 シパヒ氏は、2007年からブラジルに居住しており、2016年にブラジル国籍も取得した。ファキン判事は、シパヒ氏に電子足環着用義務、パスポート没収措置を課し、サンパウロ州外に出ることも禁じた後、トルコへの強制送還措置の是非についての司法の判断が出るまで待つように命じた。
 「シパヒ氏はイズメットというトルコ政権に敵対する組織に所属しており、トルコにあるテロ組織に対する金銭的援助を行っていた」とトルコ当局は主張している。
 釈放要請を認めた理由について、判決では「シパヒ氏には前科がなく、企業家としての経歴や、同氏には養うべき家族(妻と息子)がいることを考慮した判断」と説明されている。
 トルコ検察は、ブラジル・トルコ文化センターやトルコ・ブラジル商工会議所もイズメットとつながりがあるとし、シパヒ氏がそれら二つの組織にも所属していると主張。シパヒ氏が2013年、14年に行ったトルコへの送金措置も、テロ幇助行為と見ている。
 トルコでは2016年にクーデーター未遂事件が発生。エルドアン大統領はクーデーターを制圧した後、「イズミットが首謀した」として、テロ組織扱いしているが、同国以外に、イズミットをテロ組織扱いしている国家や国際組織はない。もしシパヒ氏がトルコに強制送還されると、7年半から15年の禁固刑に処される可能性がある。
 8日に拘束を解かれたシパヒ氏は、「私は普通の市民で、普通に暮らしたい。ブラジルの司法を信じている」とコメントした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで2021年5月15日 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで  南米最大の金融街サンパウロ市パウリスタ大通りで13日夜、人種差別や大量殺戮などに対する抗議デモが行われたと同日付現地サイトが報じた。  5月13日は、1888年にペドロ2世の娘のイザベル王女が奴隷制の完全廃止を宣言する「黄金法(Lei […]
  • 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか2021年5月15日 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか  サンパウロ市ブタンタン研究所のコロナバックの製造が、中国からの有効成分(IFA)の到着遅れで完全に停止した。それにより、コロナワクチンの接種計画の減速などの悪影響が出そうだと、14日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は14日の記者会見で、「良い […]
  • 東西南北2021年5月15日 東西南北  このところ、警察による暴力が再び注目を集めているが、サンパウロ市でも、「正当と呼べるかは微妙」な警察による暴力事件が発生し、話題を呼んでいる。それは今月1日、サンパウロ市南部グラジャウーで、警察官が一般市民の足を縛り、パトカーの中に閉じ込めて殴る蹴るの暴力事件を起こしたことだ […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》2021年5月15日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》  当時サンパウロ州奥地に入植した日本人移住者で文学を愛好し詩を作った人達があった。その詩の題材に綿花にかんするものが多かった。『日系コロニア文芸』別巻(大浦文雄・ルネ田口氏編)の「人文研研究叢書8号」に紹介された内容によると、横田恭平・丁未子・堀田野情・別府三郎・中井は […]