ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も

《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も

 エジソン・ファキン最高裁判事は7日、トルコでのクーデーター計画に関わっていたとの疑いで4月6日から拘留されていた、帰化トルコ人のアリ・シパヒ氏(レストラン経営者)の予備拘留処分を解いたと、8日付ブラジル各紙が報じた。
 シパヒ氏は、2007年からブラジルに居住しており、2016年にブラジル国籍も取得した。ファキン判事は、シパヒ氏に電子足環着用義務、パスポート没収措置を課し、サンパウロ州外に出ることも禁じた後、トルコへの強制送還措置の是非についての司法の判断が出るまで待つように命じた。
 「シパヒ氏はイズメットというトルコ政権に敵対する組織に所属しており、トルコにあるテロ組織に対する金銭的援助を行っていた」とトルコ当局は主張している。
 釈放要請を認めた理由について、判決では「シパヒ氏には前科がなく、企業家としての経歴や、同氏には養うべき家族(妻と息子)がいることを考慮した判断」と説明されている。
 トルコ検察は、ブラジル・トルコ文化センターやトルコ・ブラジル商工会議所もイズメットとつながりがあるとし、シパヒ氏がそれら二つの組織にも所属していると主張。シパヒ氏が2013年、14年に行ったトルコへの送金措置も、テロ幇助行為と見ている。
 トルコでは2016年にクーデーター未遂事件が発生。エルドアン大統領はクーデーターを制圧した後、「イズミットが首謀した」として、テロ組織扱いしているが、同国以外に、イズミットをテロ組織扱いしている国家や国際組織はない。もしシパヒ氏がトルコに強制送還されると、7年半から15年の禁固刑に処される可能性がある。
 8日に拘束を解かれたシパヒ氏は、「私は普通の市民で、普通に暮らしたい。ブラジルの司法を信じている」とコメントした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]