ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2回目の癌の化学療法を終え、14日にサンパウロ市シリオ・リバネス病院を退院したブルーノ・コーヴァス市長が、18日に市庁舎に戻り、記者会見を行った。トレードマークのひげがなくなった市長は、「化学治療のために剃ったんだ。髪はもともと生えてなかったからね」と和やかに冗談を言う余裕を見せると共に、「病欠することで市民が求める医療機関開業に支障を来たすわけにはいかない」と、働く意欲も強く示した。市長は来年の市長選についても尋ねられたが、「それは体が決めること」とし、現状での明言を避けた。コーヴァス氏は25日に化学治療の第3段階を行うために再入院する。回復を祈りたいところだ。
     ◎
 17日、サンパウロ市地下鉄1号線のサンジョアキン駅で、30歳の男性が線路に落ちたが、電車が停止し、大事に至らずにすんだ。転落事故が起きたのは午前6時30分頃で、北部トゥクルヴィ行の線路に男性が落ちた。男性が助かった理由には、彼が線路を支える土台の間に身を隠し、衝突を避けたこと、他の乗客からの知らせを受けた職員が感電を避けるために線路の電源を切ったこと、連絡を受けた機関士が即座に停止措置をとったことなどがあげられている。
     ◎
 ブラジリア時間の19日午前、アラブ首長国連邦のアブダビで行われたサッカーの親善試合で、ブラジル代表(セレソン)は韓国代表を3―0で下し、快勝した。7月にコパ・アメリカで優勝したが、9月の親善試合以降は調子が上がらなかったセレソンが、ようやく4カ月ぶりの勝利を記録した。今年のセレソンはこれで戦い納めとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]