ホーム | 日系社会ニュース | 参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始

参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始

 日本政府は臨時閣議で「第25回参議院議員通常選挙」を「7月4日公示、21日投開票」の日程で実施すると正式に決定した。これに伴い、伯国でも、各地の在外公館にて、次の日程で在外投票を受け付ける。
 在外公館投票は5日から開始の予定。投票終了日は公館によって異なり、在聖日本国総領事館では13日までで、3階の多目的ホールで投票を受け付けている。
 投票には在外選挙人証及び旅券などの身分証明書を持参すること。また郵便による投票も可能。
 伯国内で在外公館投票が可能なのは、在伯国日本国大使館、在ベレン領事事務所、在クリチバ日本国総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所、在聖日本国総領事館、在マナウス日本国総領事館、在リオ日本国総領事館、在レシフェ日本国総領事館。各在外公館で日程が変更される可能性がある。事前に確認の上、投票に行ったほうが良さそうだ。
 在外公館投票に関する詳細は各在外公館ホームページで確認できる。問い合わせも各在外公館まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ