ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》観光相関係のPSL党員3人を逮捕=ボウソナロ政権に相次ぐ痛手=空軍機ショックも尾を引く=支持率と不支持率も並ぶ

《ブラジル》観光相関係のPSL党員3人を逮捕=ボウソナロ政権に相次ぐ痛手=空軍機ショックも尾を引く=支持率と不支持率も並ぶ

19日、フランスのマクロン大統領と会話するボウソナロ大統領(Frederico Mellado/ARG)

 26~27日にブラジル国内のみならず、世界を震撼とさせたブラジル空軍機からのコカイン発見に続き、27日に、ボウソナロ大統領の社会自由党(PSL)のミナス・ジェライス州支部関係者3人が、18年の統一選挙時に幽霊候補者(ラランジャ)を使って政党援助金を不正に得る計画を実行した容疑で逮捕された。当時の支部長はルセロ・アルヴァロ・アントニオ現観光相で、容疑者たちとの関係も深い。28日付現地紙が報じている。

 逮捕者の1人のマテウス・ヴォン・ロンドン・マルチンス容疑者は、アントニオ観光相の右腕的存在で、現在、観光省の特別補佐官の職にある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ