ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』475号が5月に刊行された。《秋びより令和となりて身を正す》(城良子)。5月は日本なら春だが、ブラジルは秋。令和の始まりを季節感で詠んでいる。《畑打って六人の子を大学に》(山本かおり)からは、高浜虚子が愛弟子の佐藤念腹の渡伯に際して贈った餞別句《畑打って俳諧国を拓くべし》を思い出す。畑仕事で6人を大学にやる苦労も、「国を拓く」に負けないぐらいの大変なもの。《母の日や渡伯二年目の遺影》(杉本絃一)。移住2年目に亡くなった母の遺影は、今の自分よりも遥かに若々しい。そんな深い感慨が行間から漂う作品。《市(いち)に柿誰はばからぬ和語会話》(遠藤永観)からは、ブラジル移民の人生への誇りが漂う。フェイラで売られる柿の大半は日本人が生産者、農業への貢献は誰もが認めるところ。正々堂々と日本語をしゃべる気持ちが湧くのは当然?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • VASP破産宣告に上訴2008年9月10日 VASP破産宣告に上訴 ニッケイ新聞 2008年9月10日付け […]
  • 日語教師養成=受講生を募る2007年11月17日 日語教師養成=受講生を募る ニッケイ新聞 2007年11月17日付け  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は、二〇〇八年度日本語教師養成講座の受講生を募集している。申し込み締め切りは二十四日必着。 […]
  • 異常乾燥で5千年前の遺物見つかる2010年11月18日 異常乾燥で5千年前の遺物見つかる ニッケイ新聞 2010年11月18日付け […]
  • 中流階級は借金嫌い?=将来への望み膨らむ新世代2010年10月7日 中流階級は借金嫌い?=将来への望み膨らむ新世代 ニッケイ新聞 2010年10月7日付け  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)が09年に行った中流階級に関する調査によると、同階級には黒人系で痩せた若い人が多く、購買欲は旺盛だが借金嫌いと6日付伯字紙が報じた。 […]
  • 東西南北2016年3月25日 東西南北  世間をにぎわせているラヴァ・ジャット作戦だが、昨年からの報道を見ていると、真相が発覚する際、知られると恥ずかしいであろうことまで赤裸々にさらされる傾向がある。「国外に秘密口座はない」といいつつ、自身の写真とサインつきの口座の証拠が見つかったエドゥアルド・クーニャ下院議長しかり […]