ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 特にそうした役職があるわけでもないのに、いつのまにか連邦政府を監視する人のイメージがついてしまっているボルソナロ大統領の次男カルロス・リオ市議が、1日に大統領府安全保障室長官のアウグスト・エレノ氏を批判した。それは、先週起きた、大統領予備機内での39キロのコカイン発覚事件に関してのものだ。カルロス氏は、エレーノ氏にその責任があるとしてネット上で激しく責めた。連邦政府ではこれまでも、グスターヴォ・ベビアーノ氏、カルロス・アルベルト・ドス・サントス・クルス氏がカルロス氏と揉めて解任されている。エレーノ氏はボルソナロ大統領がいつも傍にいることを願っている最重要閣僚のひとり。大丈夫か?
     ◎
 昨日付で報じた、サンパウロ大都市圏オザスコのロジェリオ・リンス市長夫妻が大火傷を負う原因になった6月28日の6月祭での焚き火の件に関し、消防署が1日、同日のイベントでは焚き火を行う許可は申請されていなかったと発表した。許可さえあれば、消防署の指導も受けられ、不慮の事故も未然に防げていたはずだ。同市政が主催する市職員向けのイベントだけに、正規の手続きを踏むだけの配慮がほしかった?
     ◎
 先週から比較的温暖なサンパウロ市だが、予報だと、これは長続きはせず、週末には寒冷前線とそれに伴う雨が予想され、かなり寒くなりそうだ。なんでも、週末は一気に冷え込み、最低気温は6日が5度、7日は9度、8日は11度の見込みとか。このタイミングだと、「日本祭り」とちょうど重なる。外での出展も多いイベントだけに、この寒さはちょっとこたえるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に2020年10月2日 120周年迎えた中国人移民=8月15日に内輪での晩餐会=コロナ禍の中、貿易の支え手に  新型コロナウイルスの感染拡大により、日本祭りのようにキャンセルされたり延期されたりしたイベントが今年はたくさんある。規模が縮小したと思われる行事の中には、中国人移民120周年を記念するイベントがある。  ブラジルに最初の中国人移民が到着したのは、1900年8月15日とされて […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]