ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障改革=特別委で意見書を朗読=地方自治体は含まれず=歳出削減効果1兆レ守る=委員会採決遅れる可能性も

《ブラジル》社会保障改革=特別委で意見書を朗読=地方自治体は含まれず=歳出削減効果1兆レ守る=委員会採決遅れる可能性も

意見書を読み上げたサムエル・モレイラ報告官(右)(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 社会保障制度改革問題を審議する下院の特別委員会で2日、報告官のサムエル・モレイラ下議(民主社会党・PSDB)による意見書の提出と朗読が行われた。2、3日付現地各紙・サイトが報じている。

 モレイラ報告官が提出した意見書は前回提出したものに修正を施したものだが、今回も、「社会保障改革には州や市などの地方公務員は含まない」と記されていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ